愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  【説明用】【初心者必見】注文住宅を建てる時の依頼先は工務店?ハウスメーカー?設計事務?その違いは?

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

【説明用】【初心者必見】注文住宅を建てる時の依頼先は工務店?ハウスメーカー?設計事務?その違いは?

 

< セミナーを受ける事で得られる知識 >

  • 住宅会社とはどんな種類があるのか
    • 1. どんな会社があるの?
    • 2. ハウスメーカー・設計事務所・工務店で大きな違いは?
    • 3. それぞれどんな特徴があるの?
    • 4. それぞれの建物の費用の違いは?
    • 5. アフターメンテナンスの違い
    • 6. 絶対に後悔や失敗をしない選び方
    • 7. 勉強会を受講する理由

注文住宅で失敗しないために会社選びが一番大切な理由とは?

一生に一度の理想のマイホーム作り。テレビや雑誌を見てはこんな家にしよう! と夢を膨らませていることと思いますが……注文住宅ってどこに頼むのがベストなの?とお悩みかと思います。

実際、大手リサーチ会社のアンケートで、家を作った人の約8割が後悔をしていると言われています。もちろん、後悔と感じるかは人それぞれで度合いの差もあります。

では建てて後悔しているランキングの上位の内容はどうでしょうか?

  • 1位 資金計画
  • 2位 住宅会社選び
  • 3位 間取り

1位の資金計画については、初心者でもわかりやすい内容を別の記事で解説してますので、そちらもチェックしてみて下さい!
この事から、住宅会社選びは2位にランクインしているほど不安に感じている内容だという事がわかります。

今回は初心者にもわかりやすく、住宅会社とはどんな種類があるのか、それぞれの特徴を比較し、どう選べばいいのかなどお伝えしたいと思います。
また最後には、住宅会社選びで絶対に失敗しないように、会社選びの具体的な方法をお伝えします、ぜひ最後までご覧下さい!

オンライン勉強会ご予約へ

 

住宅会社とはどんな種類があるのか

Q.どんな会社があるの?

注文住宅で家を建てる場合大きく分けてハウスメーカー、設計事務所、工務店の3つがあります。

Q.その3つの特徴をわかりやすく

ハウスメーカーは全国に支店を持ち、住宅展示場でよく見る会社です。設計事務所は、主に設計と監理を行う会社です。工務店は地元密着型で住宅の新築工事、リフォームをしているような会社です。

Q.ハウスメーカー・設計事務所・工務店で大きな違いは?

ハウスメーカー:設計自社、施工は下請けの工務店、アフターメンテナンス窓口は自社実施するのは工務店

設計事務所:設計自社、施工は工務店に入札(価格が安い所が施工)、アフターメンテナンスは工務店

工務店:設計、施工、アフターメンテナンスまで自社

オンライン勉強会ご予約へ

Q.それぞれ、どんな特徴があるのですか?

【ハウスメーカー】

複数のプランからデザインを選ぶ、複数のプランのある家、いくつかの基本プランをベースに、お客様の間取りや仕上げの要望に応えていきます。
基本プランが規格化されているため、お客様とのやり取りは営業マンが担当し、間取りの打合せなども営業担当が行うことが一般的です。

インテリアコーディネーターも選任されますが、提携しているメーカーの商材の中から選ぶというスタイルです。

基本プランは提供する住宅を規格化することで生産コストを下げ、工期を短縮することで安価に高品質の住宅を提供するというビジネスモデルです。
規格外の要望は受けられないわけではありませんが、特注扱いになるため、費用も高く、何よりそのビジネスモデルとは逆行します。

一方で、気に入った基本プランのデザインや機能、費用が自分の要望とピタリとあてはまればハウスメーカーに依頼するメリットは多いでしょう。


【設計事務所】

設計事務所は、その名前の通り注文住宅の間取りや内観、外観といった設計を1からつくる会社です。

設計事務所はお客様の要望を伺い、設計士が敷地の形状や周囲の環境に合ったオリジナルの住宅を提案してくれます。
間取りからインテリアデザイン、設備までお客様の要望を丁寧に拾い上げ、設計図(図面)を仕上げます。

「ハウスメーカーの規格化されたシリーズの中には希望するスタイルがない」「自分だけのオリジナルな家をつくりたい」「細部までこだわりたい」という方には設計事務所、設計士、建築家といわれる人たちに依頼がおすすめです。

設計事務所に依頼した場合、作成した設計図を基に地元の工務店などの施工会社に入札を行い、価格が一番安かった工務店が工事を施工します。
また、設計事務所は工事中も図面通りに工事が行われているか監理をします。

設計事務所へは設計料と監理料合わせ、総工事費の10~20%の料金が一般的で、建築家と呼ばれる著名な設計士ほどこのパーセンテージが高額になります。
2000万円の住宅でおよそ200万円~400万円の設計料がかかる事になります。


【工務店】

工務店はハウスメーカーよりも自由度が高いです。
その種類や規模によって様々ですが住宅の設計・監理・施工(建設)をする会社です。

設計事務所と同じように、お客様の要望を伺い、設計士が敷地の形状や周囲の環境に合ったオリジナルの住宅を提案してくれます。
また、設備仕様などは予めある程度決まっている標準仕様がある事が多いようです。そうする事によって、コストが下がりお値打ちに提供できるというメリットがあります。

工務店では、プランによって住宅を建てることができない狭い土地や形が変わった変形地の住宅にも対応可能です。

また、設計家と呼ばれる設計事務所とコラボしている事もあり、自社で設計するより、デザイン力が高い住宅を提供している会社も多いです。
その場合、設計は設計事務所、監理は工務店となり設計費用は設計事務に依頼するより抑えられている場合が多いです。

オンライン勉強会ご予約へ

Q.ハウスメーカーと設計事務所と工務店の建物の費用の違いは?

【ハウスメーカーの費用】

ハウスメーカーの費用は坪単価でわかりやすいです。

あくまでも規格化された範囲+αですので、設計期間も短く、仕上げ材、住宅設備機器もハウスメーカーから提示された選択肢の中から選んできます。

住宅展示場にはハウスメーカー各社のモデルハウスがあり、自由に見学することができます。
完成イメージを現実の建物で見ることができますが、現実的な大きさでない場合があるので注意が必要です。

また、建物価格表示が坪単価の場合が多いので、坪単価80万円想定のシリーズなら50坪で4000万円にはならないので、総額の費用を尋ねることをお勧めします。
なぜなら、この価格に付帯工事、諸費用があるのでさらに500万円~800万円を足した4800万円が総額(いわゆるコミコミ価格)になるからです。

モデルハウスには実はオプションとなる仕様も含めて展示されています。また、自社では契約していないシステムキッチンを設置しているというケースもありますので、注意が必要です。
気になったモデルハウスがあったら、無料プランを書いてもらって付帯工事、諸費用を含めた総額がいくらになるのか聞いてみましょう!総額がいくらなのかがポイントになります。


【設計事務所の費用】

設計事務所は細かく予算調整しながらの家づくりが可能です。
設計事務所の場合はお客様の建築予算と提案の建物の想定予算をお客様と共有する事から始まります。
ゼロから設計していく完全自由設計の場合、指標となるのは過去の物件の坪単価や経験値です。想定予算をお客様と共有したら設計を開始します。

設計を進めると、理想が形になり要望も膨らみがちです。また、資材の単価はその時々で変わるため、設計者も明確な建築費を算出することは困難です。
ですので、設計の途中段階で現状の建築費を把握するために「概算見積」を依頼し、おおよその金額を出してもらいます。

そこで予算調整を行い、仕上げ材の調整やデザイン変更、またはプランを見直して、図面が完成した時に予算と大幅なズレが生じないように調整します。

決まった仕様がないため設計事務所に依頼をすると、外壁、フローリング、タイルや壁紙などの仕上げ材や、キッチンにバスタブなどの設備も自由で好きな物が選べます。
また、その定価や価格も様々です。設計事務所は予算内で可能な限りの要望を取り入れるように細かな調整をしていきます。

ただ、要望だけがどんどん増えて予算金額を大幅に超えたが、もう抑えるところが無くなったという場合がありますので、予算の把握には十分注意してください。

また、諸費用の詳しい提案はほぼないので、自分で把握するか設計事務所を通して、施工する工務店に教えてもらい、総額いくらになるのか必ず確認してください。


【工務店の費用】

工務店はハウスメーカーよりも費用が抑えられます。

地域密着型の工務店はハウスメーカーに比べて広告宣伝費が少ないため費用は低くなる傾向です。
具体的な費用としては、テレビのCMやネット広告または展示場の出店費用や維持管理費用で、これらの経費はお客さんの住宅の価格に反映されます。

工務店も現在の多くはハウスメーカーのように商品を持っている場合が多いです。
商品の内容は会社の理念などにもよると思いますが、外壁、内装、キッチンの種類だとかが、あらかじめ商品の標準仕様になっており、坪単価によってそれぞれ、標準仕様のグレードが変るという事になります。

自然素材が得意、高性能住宅が得意、デザインが得意というように色々と得意分野があるのも工務店の特徴です。

資金計画であなたに合うグレードの仕様を選ぶという事になりますが、費用は総額でない場合が多いので、諸費用、付帯工事はかならず資金計画で確認してください。

オンライン勉強会ご予約へ

Q.アフターメンテナンスの違い

【ハウスメーカーの場合】

完成後の保証もアフターメンテナンスはハウスメーカーが行います。

【設計事務所の場合】

完成後の保証や、アフターメンテナンスは設計事務所ではなく、施工した施工会社が行います。

【工務店の場合】

設計→施工→アフターメンテナンスと家づくりを一貫して管理をします。

オンライン勉強会ご予約へ

Q.工務店、ハウスメーカー、設計事務所の種類、違いなどはわかりました。
そこで・・・絶対に後悔や失敗したくないので、どう選べばいいのですか?

いまは大体どの会社も、家づくり勉強会など開催していると思います。
一度受けてみて下さい。そしてその内容の中に、家づくりに対して客観的に判断(比較)できるモノサシを教えてくれる会社に決めて下さい。

オンライン勉強会ご予約へ

Q.どうして勉強会を受講するのですか?

どうしてかと言うと、自分で判断できないと業者の言われるがままの家づくりになってしまいます。客観的に判断(比較)できるモノサシを持っていれば、瞬時にこの会社はいい、悪いを判断できるようになるからです。

その事を伝えている会社は、本当にお客さんの家づくりを成功してもらいたい!粗悪な業者から、後悔や失敗する方を一人でも減らしたいと、熱い思いで家づくりをしています。

ただ、テレビCMや広告をあまり見かけないと思います。PRが下手なんです・・・宣伝広告費をかければ、お客さんの負担になるので、なるべく負担にならないギリギリのところでPRしています。例えばSNSなどの無料の媒体を使って。

そんな会社の勉強会に参加してください!
会社を売込んだり、商品を買って下さいとか、私の会社の家は一番です!的な内容の勉強は参加しても無駄なので無視してかまいません。
見つかるまで時間がかかる場合もありますが、ぜひ参加して、勉強してみてください!

大切なのでもう一回いいます。
「客観的に判断(比較)できるモノサシ」を教えてくれる会社の勉強会に参加する。

オンライン勉強会ご予約へ

 

まとめ

きごころホームでは、今回お伝えできなかった事など、見学会、勉強会、おうちの何でも相談会を開催していますので、ぜひ活用してください。

最後までご覧くださりありがとうございました。
今回は「注文住宅で失敗しないために会社選びが一番大切な理由とは?」をお伝えしました。
ためになった、参考になったと言う方は、是非オンライン勉強会を受講してみて下さい。

それではオンライン勉強会で会いましょう!
きごころホームでした。

オンライン勉強会ご予約へ

 

 


 

【オンライン勉強会 – タイトル一覧】

オンライン勉強会ご予約へ