愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  省エネと断熱性能

省エネと断熱性能

-Energy-saving and insulation efficiency-

住む人にも地球にも優しい家

快適で、経済的、そして地球に優しい未来を実現するためには、
断熱性に優れた省エネルギーな家を建てることが重要です。
改正省エネ基準を高いレベルでクリアするきごころホームの省エネ住宅をご紹介します。

断熱性能を発揮する家

家庭で省エネを実現するためには、建築による省エネの手法と、設備による省エネを上手に組み合わせていくことが大切です。
新築の段階で一定以上の断熱性能を確保することで、クーラーの温度を下げすぎなくても涼しい部屋、暖房を使ったらその暖かさを逃さない、無駄なエネルギーを使わなくても良い空間が実現します。
また断熱性の高い住宅では、壁の表面温度が上がるため、結露の発生を抑制できたり、部屋の温度差が少なくなることで、体の負担を減らし、ヒートショックの抑制にもつながります。
断熱性能を発揮するための家づくりはきごころホームにおまかせ下さい。

断熱性能を発揮するための設計ポイント
設計段階ではこんなポイントを重視しています 隙間なくすっぽり断熱材でくるむ断熱性能 気流止め、防湿・気密層も考えた構造 窓やドアには断熱性能のある部材 窓やドアなど開口部の配置も配慮

マシュマロ断熱 フォームライトSL

部屋をすっぽりと包みこむ断熱材、マシュマロ断熱フォームライトSL。
高気密、高断熱なその性能により、省エネ、静穏性、健康的な暮らしを実現します。

省エネで経済的な家

部屋をすっぽりと包みこむ断熱材、マシュマロ断熱フォームライトSL。
高気密、高断熱なその性能により、省エネ、静穏性、健康的な暮らしを実現します。

一般住宅の壁

断熱材と構造材(柱・土台)のわずかな隙間から冷気が壁内に侵入しているため、温度差が大きい。

マシュマロ断熱を使用した壁

マシュマロ断熱は構造材(柱・土台)に接着をするため、冷気の侵入が無く、温度差が小さい。

中も外も静かな家

部マシュマロ断熱の家の優れた気密性は、今まで隙間から入り込んできた外部の騒音や、気になる内部の生活音の漏れをシャットアウト。 フォームが構造材に接着することで、共振や反響も和らげます。さらに、その連続気泡構造は音をフォーム内に分散し、静かな生活環境を維持します。

乗直入射角吸音率(JIS A1405)

音響透過損失(JIS A1416)

健康で安心の家

アレルギーの一因とされるダニ・カビ、また住宅の最大の敵であるシロアリ。これらの発生を未然に防止するには結露対策がもっとも効果的です。 フォームライトSLは細かな隙間にも入り込み発泡、密着しますので、断熱の欠損がなく温度差をなくす事で結露を防ぎます。 マシュマロ断熱の家の高度な断熱・気密化は結露を防止し、建物そのものの耐久性を向上する上に、その連続気泡構造は木の呼吸を止めることがなく、構造材にとっても優しい断熱材といえます。

温環境のバリアフリー

マシュマロ断熱の家の高気密は帰宅した時のエアコンの効きの速さで実感していただけます。
また、高断熱化により、夜中にエアコンのタイマーが切れた後の急激な温度上昇もなく、ぐっすり快眠、目覚めも爽快でしょう。 地球温暖化対策が叫ばれる今、少ない冷暖房費ですむ省エネルギー住宅は環境にやさしく、家計にやさしい地球の未来を考えた住宅といえます。

1日目から定量下段(測定装置が検出できない)以下であり、下記のVOCを含んでいないことがわかります。

乗直入射角吸音率(JIS A1405)

経年・季節変動に強い家

マシュマロ断熱の家は、フォーム内のほとんどが空気であり、その空気で断熱をしていますから断熱性能の劣化がありません。 また、現場発泡で構造躯体にぴったり接着しますので、構造体の温度変化や劣化による伸縮にも柔軟に対応。 長期にわたり剥がれたり、隙間ができたりすることもありません。また、断熱材の中の空気が外気と置換しても、元々が空気のため、内部にガスを用いた断熱材と異なり、性能が劣化することはありません。

断熱性(Q値)

建物全体を通じて損失する熱量を表す数値。数値が低い程、熱量(保温)性能に優れた家といえます。

気密性(C値)

建物の床面積1平米あたりの、隙間の面積をあらわす数値。数値が低い程、隙間が少ない気密性の高い家といえます。

省エネルギー住宅の優遇制度

省エネ基準に適合した住宅には、税制優遇措置を受けられるなどのメリットがあります。

省エネ基準をはじめ各種の基準に適合すると、様々な優遇制度が!

◆住宅ローン減税
◆登録免許税・不動産取得税・固定資産税の軽減
◆フラット35Sの適用

◆当初10年間金利引き下げなど

◆住宅ローン減税
◆登録免許税引き下げ
◆フラット35Sの適用

新築で受けられる補助金については、こちらのページもご覧ください。

補助金と減税