愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  スタッフブログ

ブログ

-blog-

耐震工法の特徴とメリット・デメリット

2020.07.15

耐震工法とは

耐震工法とは、建物の壁に筋交いや構造用合板を入れるなど地震の揺れに耐える構造を指します。現在の日本の新築は、建築基準法の耐震基準に沿って、耐震等級1(震度6強から7程度の揺れに対しても倒壊や崩壊しない)以上を備えた耐震住宅です。

 

耐震工法のメリット

耐震工法は3種類の工法の中では数十万円ともっとも施工のコストが安いものの、激しい地震が起こったとしても建物を倒壊から守り、台風や強風などの揺れにも耐えることができます。現在の建築基準法では、すべての新築は耐震工法を備えているため、耐震工事の追加費用が不要です。

 

耐震工法のデメリット

耐震工法といえども、地震の揺れによる室内の家具などの転倒、損傷は免れません。金具を使って固定するなどの工夫が必要です。

 

まとめ

現在、政府の施策で耐震等級2以上の「長期優良住宅」が推進されています。住まいを長期優良住宅にした場合は税金の優遇措置や住宅ローン控除などが受けられますので、信頼できる業者に相談してみましょう。