愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > 住宅業界の常識とは? 価格の謎とは?

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

住宅業界の常識とは? 価格の謎とは?

2013.02.21

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ チラシの価格はウソ?

 

家づくりを考えるとき、やはり一番気になる点は価格ではないでしょうか。
「●●坪△△万円」と書かれたチラシがあったとします。

 

しかし、この価格は、実はとても曖昧で、会社によって表示方法に違いがある
ことを知っておきましょう。

 

どうして表示方法に違いがあるかというと、「総額の工事費」の中に、エアコ
ンや照明器具、カーテンなど、生活に必要なものとして組み込まれている会社
と、それらが「オプション」として別費用になる会社があります。

 

A社とB社の「工事費総額」を単純に見比べるだ
けでは、本当の価格差はわからない、ということです。

 

要は、表示している価格は会社によって、どこまでが含まれているのか基準が
違うからなんです。

 

ですから、一概に坪30万円と坪35万円と表記されていた場合、坪35万円
の方が高いとは言い切れないということです。

 

なぜこのような表示方法の違いが、まかり通っているのでしょう?
それは、住宅の価格表示に、規制や法律がないため、各社で自由な表示方法を
とることができるからです。

 

ですので、見積もりをもらうときは、同じ条件で見積もりをしてもらうように
しましょう。

 

そうすれば、本当にかかる費用(住んで生活ができる状態)は
いくらなのかを知ることができ、表示金額に惑わされることはなくなるでしょう。