愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > 【平屋解説】後悔しないために平屋が向いてる人、向いてない人メリット・デメリットを詳しく解説

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

【平屋解説】後悔しないために平屋が向いてる人、向いてない人メリット・デメリットを詳しく解説

2022.10.17

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

愛知県江南市の注文住宅、リフォーム工事の工務店「きごころホーム」代表の鈴木です。

今回は、「【平屋解説】後悔しないために平屋が向いてる人、向いてない人メリット・デメリット」についてお話したいと思います。

すべての空間がワンフロアに収まり、毎日の生活において上下移動の必要がない「平屋」。

今、世代を問わず、平屋への注目度が高まっています。

じつは、私のお客さんでもご要望が一番多いのが平屋です。

建てた後に防犯が心配、日当たりや通風が悪い、費用がかかりすぎたなんて事で失敗しないためにも、建てる前に知ってもらいたい、平屋のメリット・デメリット、また、どういう人が向いているのか?価格費用なども含めお伝えしていきます。

平屋を検討されている方の参考になれば幸いです。




【平屋のメリット】

➀バリアフリーで老後も安心な家が実現できる

若いときは平気でも、高齢者になると少しの段差が転倒やケガのもとになります。

もともと平屋は階段がないのでバリアフリーで計画しやすくなりますし、老後も安心して暮らせます。


②生活のしやすい効率のいい動線を作りやすい

2階建てと違って上下移動がなくなり、平行移

動だけで家事や生活ができるので、効率のよい動線計画が立てやすくなります。


③家族の気配を感じられるし、コミュニケーションがとりやすい

同じフロア内にすべての生活スペースが収まることになります。

そのため、家族で顔をあわせる機会が多くなり、コミュニケーションが取りやすくなります。


④構造が安定し大空間や大きな開口をつくれます。

地震大国である日本に住んでいる以上、住居の耐震対策は必須です。

耐震性を考える時に重要なのは建造物の重量です。

平屋は1階部分に2階の重さがかからないため、建物の構造が安定します。耐震性は高まります。

また、柱や壁が少ない広々とした空間や大きな開口部をつくりやすくなります。


⑤LDKの天井を高くしたり勾配天井のある計画をしやすい

家族が集まるLDKですが、2階がない平屋は勾配(角度)のある屋根を利用して、天井を高くしたり勾配天井にして開放感を演出したり、小屋裏空間をつくり収納やベッドスペースに活用する事もできます。


⑥メンテナンス費用を抑えやすい

家は建てた後にもメンテナンス費用がかかります。建物の美観や耐候性を保つためには、屋根や外壁の定期的な点検や修繕が必要になりますが、平屋の場合、大掛かりな足場を組まなくても外壁を塗装や屋根の修理をすることもできます。


【平屋のデメリット】

➀広い敷地が必要になる

一番のデメリットとして挙げられるのが、同じ延床面積の家を建てる場合、2階建てよりも広い敷地が必要になる点です。

例えば4つの部屋がほしい場合、2階建てなら1階と2階にわけて部屋を作ることができます。
しかし、平屋の場合は同じフロアに部屋を作るため、その分だけ広い敷地が必要です。


②建物の坪単価が高くなることも

単純に同じ延床面積の平屋と総2階の建物を比べた場合、平屋は屋根と基礎の面積が2階建ての倍になるため、その分の工事費がアップして坪単価が高くなることがあります。


③日当たりや通風が悪くなるケースも

敷地の周辺環境によっては、日差しや風が家の中まで届きにくくなりがちです。

平屋は採光のよい南側に部屋を設け、北側に廊下や水まわりを配する間取りが多いのですが、北側にも複数の窓を忘れずに設けるようにしてください。そうすれば北側も日中は明るいですし、家の中を風が通り抜けやすくなります。

以外かもしれませんが、北側は南側の窓に比べて、直射日光が入らないので安定した光を取込むことができ明るい空間とすることができます。

中庭を設けたり、天窓を配置するなどの工夫が有効な対策になりますが、割高になるので注意が必要です。


④プライバシーの確保が難しい

1階のみの平屋は、道路や隣家からの視線が届きやすく、暮らしのプライバシーが守りにくい面があります。

またプランをつくるときは、敷地周辺の人や車の往来を把握し、窓の位置やサイズなどの間取り、さらには敷地のどこに家を建てるかなどの建物配置、この2つが重要になります。


⑤防犯面での配慮が必要

平屋に限りませんが、1階部分の窓が多いと屋外への出入口が増えるため、防犯面に配慮する必要があります。

家のまわりに、踏むと音が出る砂利を敷いたり、人感センサー付きライトを設置するのも効果的です。

また家を高い塀で囲んだりせず、敷地内の様子がわかるオープンな外構にするのも不審者の侵入を防ぐには有効です。


【平屋に向いてる人】

・小さい子供がいる家族や老後の生活を快適にしたい人

小さい子供たちは、階段などから落ちてケガをする危険もないので、子供の行動を見張らなくてはいけないお母さんのストレスも減らせます。生活がコンパクトになるので、疲れも少なくて済みますね。


【平屋に向いてない人】

・自分のプライバシーをしっかり守りたいタイプ

時々は孤独な時間を満喫したい人、ひとりで集中する時間が必要な趣味をお持ちの方は避けたほうがいいかもしれません。

・自宅で仕事をしている人

プライバシー確保が難しい間取りになりやすい平屋建てですから、フリーランスでお仕事をしている方などは、仕事中に邪魔が入りやすくなる可能性が高いです。


《費用》

単純に同じ延床面積の平屋と総2階の建物を比べた場合、平屋は屋根と基礎の面積が2階建ての倍になるため、その分の工事費がアップして坪単価が高くなることがあります。

ただし、足場代の面積がへったり、2階に水回り、トイレ洗面などがなくなるのでその分は若干安くなります。

《まとめ》

平屋の住宅を検討している人は、まずは平屋のメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

そのうえで、自分たちが希望する間取りやライフスタイルが実現できるかをポイントにしてください。

家族のライフスタイルによっては、平屋がマッチしている場合もあれば、2階建てのほうが適している場合もあるため、予算、土地、家族の意向など、さまざまな視点からきちんと考え、満足のいくお家をつくってくださいね。

最終的にはプロに相談してみるのが確実です。

工務店によっては、無料でプランを作成してくれるところがありますので、そういったところで相談や間取りの作成をしてもらえば、自分にとってベストな選択をする参考にもつながるはずです。

ただ、注意が必要なのは、プラン作成の担当の営業マンだったり、社員の設計担当という場合があります。こういった場合、提案力が弱い場合がありますので、できれば、自分の設計事務所を持っている設計事務所の先生が、間取り作成や相談してくれる、工務店さんを選んでください。

きごころホームでも毎週土日、今回お伝えできなかった事など、見学会、勉強会、おうちの何でも相談会を開催しています。見学会・勉強会・相談会は概要欄にのせておきますので、ぜひ活用してください

最後までご視聴ありがとうございました。今回は「【平屋解説】後悔しないために平屋が向いてる人、」をお伝えしました。

ためになった、参考になったと言う方は、高評価とチャンネル登録よろしくお願いします。

それではまたお会いしましょう きごころホーム鈴木でした。