愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > 【建て替えとリフォーム費用比較】メリットとデメリット相続時精算課税も解説

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

【建て替えとリフォーム費用比較】メリットとデメリット相続時精算課税も解説

2022.09.28

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。愛知県江南市の注文住宅、リフォーム工事の工務店「きごころホーム」代表の鈴木です。


今回は、【建て替えとリフォーム費用比較】メリットとデメリットについて徹底解説したいと思います。


これから家を建てよう、購入しようと検討している人の中には、実家の家を壊して新たに建てようか、リフォームしようか悩んでいる人もいますよね。


新たに新居を建てるなら自分たちが理想と考えているお家にできます。

一方でリフォームの場合は、大幅に間取りを変えられず、費用も大幅にかかるケースと安くで済むケースがあります。


そこで今回の動画では建て替えとリフォームのメリットとデメリットを交えながら徹底解説していきます。

親からの援助についても2021年12月末までの制度がありますので合わせてお話ししますね。


ぜひ、これから建て替えやリフォームしようとしている人は、この動画を参考にしてみてください。

このチャンネルは家づくりを、これから始めようという方や、はじめたばかりの方に、2代目工務店社長の私が家づくりに必要なノウハウ動画をアップします。

お見逃しのないように、チャンネル登録よろしくお願いします!


また、きごころホームでは無料でお家の何でも相談会、勉強会なども開催しています。

相談会、勉強会は概要欄に貼っておきますので、ぜひ活用してみてください。

それではいってみましょう!





建替えしようか、リフォームにしようか悩んでいる方へ


建替え、リフォームのメリット・デメリット8選をお伝え

建て替えのメリット

・家のメンテナンスがしばらく必要ない!

・バリアフリーで生活を快適にしてくれる!

建て替えのデメリット

・建て替え費用が高額!

・仮住まいが必要!

リフォームのメリットは

・建て替えより費用が安い!

・引っ越しが不要!

リフォームのデメリットは

・近い将来修繕費用が必要!

・バリアフリーの範囲が限られる!


これから建替えかリフォームしようか悩んでいる方は参考にしてください。


まずは、今ある建物を取り壊して建て替えるメリット2つです。

メリット1つ目は、家のメンテナンスがしばらく必要ない!

新しく建てた家なので使う外壁などの材料は約30年ぐらいメンテナンスが必要ありません。

万が一どこか不具合があった際には、ある程度のことは保険やアフター保証で対応できます。

家の構造はもちろん防水などの箇所は最低10年保証がついている業者が一般的です。

工務店やハウスメーカーによっては30年や50年保証などをしている会社もあります。

また、外壁や屋根はメーカー保証が基本的には付いています。

そのためリフォームと比較するとメンテナンス費用がほとんどかからりません。

仮に家の中の設備が故障したとしても、保証期間があるため急な出費を抑えられます。

建て替えメリット2つ目は、バリアフリーで生活を快適にしてくれる!

最近の家づくりの基本は、床に段差を出さないように作りあげていくことです。

そのため構造上必要な場所は、生活がしやすいように引き戸を採用するといった対応がされています。

引き戸は上吊りタイプが多く、下のレールがないので掃除がしやすいのが特徴です。

次に建て替えのデメリットは2つです。

建て替えのデメリット1つ目は費用が高額になる可能性がある!

リフォームを最低限で抑える場合、基礎にシロアリがいる、隙間が空きすぎているなど大きな損傷がなければ費用もそこまでかかりません。

その場合と比べてる、建て替えは費用が高額といえるでしょう。

ただし、基礎などに欠陥がある場合は建て替えをした場合と同じぐらいの費用が発生することがあります。

建て替えのデメリット2つ目は、仮住まい費用が必要!

リフォームの場合も仮住まいは必要なことがありますが、部屋などをリフォームしない場合住みながら工事ができる場合があります。

ここまでは建て替えのメリットとデメリットをお届けしました。

次にリフォームのメリットとデメリットの紹介です。

リフォームのメリットは、2つあります。

メリット1つ目は、建て替えより費用が安い!

先ほど建て替えのデメリットでもお伝えしましたが、リフォームする箇所によって料金が異なります。

そのため、壊す費用と新たな材料で建てるより安価に済む場合があります。

まずは、住宅会社に基礎やリフォームしたい要望箇所を伝え見積りするといいでしょう。

その際、基礎診断などを依頼することをおすすめします。

長い目で済む家のため基礎に欠陥がある場合リフォームしても長く持たない可能性があります。

そうなってしまっては、修繕費用が嵩み建て替え以上の費用を出すことになりかねません。

リフォームのメリット2つ目は、引っ越しが不要!

間取りを変えるといった大掛かりな工事が必要な場合は、転居が必要になりますが、リフォームする箇所によっては生活しながら工事ができます。

一方のデメリットは2つあります。

リフォームのデメリット1つ目は、近い将来修繕費用が必要!


外装や内装、水回り設備などを新しくしたとしても、目に見えない壁の中や天井裏、床下、構造躯体や下地、断熱材などの劣化があるケースが多くあります。


そのため、近い将来修繕費用が必要になる場合もあります。


リフォームのデメリット2つ目は、バリアフリーの範囲が限られる!

家の構造上、完全にバリアフリーにできなかったり、引き戸のドアにできない場合があります。

さらに最近のお家のように、どの部屋にいても温度が変動せず快適に暮らせる空間もむずかしくなり、玄関や廊下、トイレ、脱衣スペースが寒く、高齢者や小さい子どもにもヒートショックが起こりやすくなります。

そのため長い目で住むことを考え、建て替えるのか、リフォームするのかを慎重に検討するといいでしょう。

ここで建て替えやリフォームを検討している人に豆知識です。

建て替えや増改築する場合、多くの人が親からの援助を受けると思います。

親からお金をもらうことを贈与といいます。

よく、贈与税という言葉を聞くと思います。

家を建て替えたりリフォームする際にもらった金銭も贈与のひとつです。

通常、年間110万円の基礎控除を超えた額は、税金科せられます。

しかし2021年12月末までは特例があり、マイホーム購入時、増改築などによってもらったお金は、省エネなどの住宅であれば1200万円、それ以外は、700万円まで非課税になります。詳細は概要欄に

ほかにも、相続時精算課税という制度があります。

相続時精算課税とは、60歳以上の両親や祖父母からの20歳以上の子または孫に生前贈与が2.500万円までは、税金が課せられない制度です。

この制度も2021年12月末まで援助する側の年齢制限がないため若い人が援助してもらいマイホームを手に入れるチャンスかもしれません。

そのため、家を建て替えたりリフォームを検討している人は早めにした方がいいでしょう。

また、贈与としてみなされたくない場合は、親や祖父母から借りる手段を利用する人がいます。

それは、借用書はもちろん金利を記載し、返済を毎月銀行でしなければなりません。

なぜそこまでしないといけないかというと、金利ゼロの場合や借用書がない場合は、贈与扱いされる可能性があるからです。

贈与扱いの金銭の注意点としては、毎年行う確定申告を非課税でもしなければならない点です。

注意点を含めて、援助手段も視野にいれ検討するといいでしょう。

最後にまとめです。

建て替えとリフォームのメリットとデメリットはそれぞれ2つずつです。

まず建て替えのメリットは

・家のメンテナンスがしばらく必要ない!

・バリアフリーで生活を快適にしてくれる!


建て替えのデメリットは

・建て替え費用が高額!

・仮住まいが必要!


一方、リフォームのメリットは

・建て替えより費用が安い!

・引っ越しが不要!



リフォームのデメリットは

・近い将来修繕費用が必要!

・バリアフリーの範囲が限られる!



これらのメリットとデメリットを比較すると建て替えかリフォームか自己資金と家族構成や年齢によって変わってくるでしょう。



また、親や祖父母からの援助が2021年12月末まで、2.500万円まで税金が科せられません。

ただし、2022年以降でも親からお金を借りる手段を上手く活用することで、援助を受けることが可能です。

ぜひ、これからマイホーム計画している人やリフォームを検討している人は、この動画を参考にしてみてください。

最後までご視聴ありがとうございました。


今回は「【建て替えとリフォーム費用比較】メリットとデメリット」をお伝えしました。ためになった、参考になったと言う方は、高評価とチャンネル登録よろしくお願いします。

それではまたお会いしましょう きごころホームの鈴木でした。