愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > 【注文住宅】知らずに選ぶと絶対後悔する【タンクレストイレ】の秘密

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

【注文住宅】知らずに選ぶと絶対後悔する【タンクレストイレ】の秘密

2021.06.11

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。愛知県江南市の注文住宅、リフォーム工事の工務店「きごころホーム」代表の鈴木です。

今回は、「知らずに選ぶと絶対後悔するタンクレストイレの秘密」についてお話したいと思います。

ほぼ採用率100%に近いタンクレストイレ、きごころホームでも、1階の標準仕様はタンクレストイレになっています。

デザインがシンプルでスッキリしているので、トイレがスタイリッシュな空間になります。

メリットもありますが、デメリットも存在します。

これはかなり明確なデメリットなので、それを知らずに設置すると、家族全員がトイレを使うたびに後悔する事になるかもしれません。

そんな事がないように、この動画を見てくれたあなたは、後悔することなく、トイレを毎日快適に使えるようになる事をお約束します!

それではいってみましょう!

そもそも、タンクレストイレとはその名の通り、水を溜めておくタンクがないトイレです。

タンク型のトイレでは水道の水を一時的にタンクに貯水し、タンク内の水で便器を洗浄しますが、タンクレストイレは水道から直結で水を流す仕組みになっています。

メリット

1.トイレがすっきり広い空間になる

2.掃除が簡単でお手入れが楽になる

3.連続して水を流すことが出来る

1.トイレがすっきり広い空間になる

まず、一番のメリットとしてタンクがないのでシンプルなデザインです。

タンクが無い分、見た目もオシャレなトイレが多いのも特徴です。タンク型トイレと比べて、高さ30cm、奥行き10cmコンパクトで、トイレがすっきり広い空間になります。

2.掃除が簡単でお手入れが楽になる

タンクが無いために簡単に温水便座を上げることができますし、トイレ自体の形もシンプルなので掃除がしやすい。

また、トイレの後ろ側などタンクがあると手が届きにくい場所もタンクレストイレなら簡単に掃除できるのも、実際に使ってみるとかなり便利です。

3.連続して水を流すことが出来、節水効果が高い

水道直結方式のため、タンクに水が溜まるのを待つ必要がなく、水を連続して流すことが出来ます。また少し前のタンク型のトイレより約3分の1の水量で流すことができ、節水効果が高いです。

メリットだけをみると、トイレが広くなり、お手入れも楽で、さらに節水効果も高いといいことばかりのように思えますが、もちろんデメリットもあります。

このデメリットを理解して対策をすれば、メリットをいかせるのでチェックしてください。

デメリット

1.タンクレストイレは価格が高い

2.手洗いが別に必要

3.停電時・断水時に不便

4.水圧が弱い場合は注意が必要

1.タンクレストイレは価格が高い

タンク式トイレに比べてタンクレストイレは価格が高くなる傾向があります。メーカーにより異なりますが、大体10万円位価格が高くなります。

価格の違いは、様々な機能がついているからです。例えば便座が自動で開くものとか、自動で水を流してくれたりとか・・・

コストを抑えるには必要な機能と必要で無い機能をしっかり絞って選ぶことが重要になります。

2.手洗いが別に必要

タンク付きのトイレだとタンクから出る水で手を洗う事ができますが、タンクレストイレはタンクが無いので手を洗う事ができません。

そのため、タンクレストイレにする場合はトイレの中かトイレを出た所に手洗いをつくることになります。

タンクレストイレの価格にプラスして、手洗い設置の費用や配管費用が発生します、ただ洗面所を近くに設置するなどして、洗面台をトイレと兼用で使う事で解決できます。

3.停電時・断水時に不便

タンクレストイレはタンク付きトイレと違い、電気が無いと水が流れません。そのため、停電の時は水が流れないので注意が必要となります。

また、断水時タンク式のトイレであれば、タンクに水を入れれば流れますが、タンクレストイレの場合は、後ろのカバーをはずすと手動レバーが付いていて、水はバケツやホースで便器の中へ補充する必要がありますが手動で流すことができます。

※メーカーによっては停電時でも使用が可能ですので、一度工務店さんに確認するようにしてください。また、メーカーのyoutubeでやり方を動画で確認できますので、参考にしてみて下さい。

【停電時の参考動画】

リクシル サティス

https://youtu.be/seHs4x8M4uA

パナソニック アラウーノ

https://youtu.be/BkEWNkm6HNU

停電は急に起こるので、そういった時に困らないように、どうすれば電気無しで使えるのか一度試してください。

4.水圧が弱い場合は注意が必要

タンクレストイレは水道直結方式であるため、水圧が低いと設置できない場合があります。2階以上に設置する場合、水圧が低いと、トイレの水の流れが悪かったり、詰まりやすかったりします。

しかし、最近では水圧の弱さを補うことが出来るブースター(加圧装置)や、一時的な小さなタンクを内蔵しているものなどがあり、水圧が弱くて設置できないということは減ってきています。

ただし、追加費用が10万程度かかりますし、メンテナンス費用や故障での取り換え費用が必要です。

2階以上は普通のタンク式のトイレにするとか、検討してもいいと思います。

まとめ

タンクレストイレのデメリットは4つでそれぞれ

1.タンクレストイレは価格が高い

タンク式にくらべ約10万ほど高くなる、不要な費用を省くことによってコストを抑える事ができ

2.手洗いが別に必要

別に手洗いが必要で、費用がかかるが、洗面所を近くに設けたり、洗面台を共用で使えばコストを抑える事ができる。

3.停電時・断水時に不便

停電時水が流れないので、注意が必要、後ろのカバーを外し手動で操作は可能、停電は急に起こるものなので、その時に困らないように一度シュミレーションしてみる。

4.水圧が弱い場合は注意が必要

 2階以上に設置の場合水圧が低くなり流れない事もある、ただし、加圧装置などで、問題解決するが、費用がかかる、2階以上はタンク式にするとか検討が必要

いま、注文住宅を建てられる方のほぼ100%がタンクレストイレを設置されます、メリットだけみれば、確か即採用したいのですが、デメリットもあります。

今回の動画でお話したデメリットを理解して対策すれば、メリットをいかせます。

たかがトイレと思うかもしれませんが。毎日使うものだから、建てた後に後悔することなく、快適に使えるように、今回の動画を参考してみてください。

きごころホームでも毎週土日、今回お伝えできなかった事など、見学会、勉強会、おうちの何でも相談会を開催しています。

最後までご視聴ありがとうございました。今回は「知らずに選ぶと絶対後悔するタンクレストイレの秘密」をお伝えしました。ためになった、参考になったと言う方は、高評価とチャンネル登録よろしくお願いします。

それではまたお会いしましょう きごころホーム鈴木でした。