愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > 【今が買い時!!】コロナ渦だからこそ住宅が売れる理由①

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

【今が買い時!!】コロナ渦だからこそ住宅が売れる理由①

2020.10.05

このエントリーをはてなブックマークに追加


【いま住宅は買い時or待ち時か】


YOUTUBEにて発信中▼

スズケンさんサムネ


リクルート住まいカンパニーが実施した「コロナ禍を受けた住宅購入建築検討者調査」
によると




注文住宅の検討をされている方は57%、新築一戸建てを検討している方は51%が
「今が買い時」だと思うと回答しています。


また、年代別にみると、20代が59%、30代が61%と過半数を超え
今、住宅の買い時ではないかと考え行動されているようです。



アンケートの結果からも住宅購入検討者の過半数以上が
「いま買い時」ではないかと行動されている。




【なぜそうなのか?】


アンケートの結果によると、なぜ、今が買い時なのか?その理由はとしては



・価格・費用感が手頃 39%
・住ローン金利が安い 33%
・住宅ローン減税が有利 22%


と買い時感を感じているようです。



アンケート回答者の中で、住宅ローンの金利の安さ、
住宅ローン減税のメリットを挙げる方が、多い結果となっています。
また、近年のゼロ金利時代で、フラット35や民間金融機関の住宅ローン金利も低い水準にあること



価格・費用がお手頃
なお、今が買い時と考えている方の中でもっとも回答数が多かったのは、「今は価格・費用がお手頃」
と考える方ででした。


たとえば、工務店によっては地域限定・棟数限定・期間限定でモデルハウスモニター制度などを設けて、
住宅ローン減税よりもメリットが大きいお値打ち価格で注文住宅が建てられるような家づくりを
サポートする制度などがあります。



つまり、「費用感、金利、住宅ローン控除などの減税制度の充実、住まいの給付金などの補助金」
といった政府や民間の各種制度が、いまが買い時とアフターコロナの家づくりを加速させたと結論付けています。



今日はここまで!

次回はそうなった原因と理由、そして今後はどうなる?です