愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > コロナ禍でテレワークとライフスタイルの変化

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

コロナ禍でテレワークとライフスタイルの変化

2020.06.03

このエントリーをはてなブックマークに追加

江南市の注文住宅 きごころホーム社長の鈴木です

いつも読んで頂きありがとうございます。



リクルート住まいカンパニーが「コロナ禍を受けた

テレワークの実態調査」を実施しその結果を発表しました。



テレワークを実施してる割合は47%で

2019年11の調査時と比較して30ポイント

増加したとの事です。


テレワークの実施場所としては

「リビング・ダイニング」が最多で55%


また、自宅環境整備としては「仕事部屋を作りた」19%

「現在の家から住み替えたい」24%その住み替え希望

の条件としては「今より部屋数の多い家」40%で最多


「今後もテレワークを実施したい」人の割合84%との事


この結果を見て納得しました最近のきごころホームで打合せ

している、お客さんの70%~80%とぐらいの方は

書斎もしくは2帖程度の個室作られます。


また、リフォームでは間仕切りを増やし

個室を作ったり、押入れなどの余剰スペース

を活用して個室を作ったりと様です

費用も20万以下に収まり場合がほとんどです。



ほんの数年前までは計画の段階までは

書斎があったのに最終的には優先順位が

低く、必要ないとなり消えていった個室ですが



最近はテレワークをする場所がリビングだと

子供達に邪魔されるとか、声が入ってしまうとか

仕事で疲れて帰って来た時に一人になりたいとか

趣味に没頭できるようにマイスペースがほしいとか


5D3_9077

社会環境も変化する中 お客さんの

ライフスタイルも変化しつつありますよね!


IMG_9213_2-480x720

そんなお客様のライフスタイルの夢をかたちにするため

きごころホームがお手伝いさせてもらいます^^