愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > 「コロナ禍」これってなんて読むの?

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

「コロナ禍」これってなんて読むの?

2020.05.28

このエントリーをはてなブックマークに追加

江南市 注文住宅 きごころホーム社長の鈴木です。

いつも読んで頂きありがとうございます。





最近、雑誌等でよく見かける

「コロナ禍」




コロナうず??・・・

コロナなべ??・・・



正直読み方がわかりません・・・



正解は!

「コロナか」




そう読むらしいです。





禍(わざわい)とも読むらしく、災(わざわ)いとは

意味上の使い分けがあるようです。





「災い」は天災など、防ぎようのない元凶にもたらされるもの




「禍」は人為的ミスにより発生した凶事





という意味になるそうです。





大切な人、社会を守るための個々の行動と

これ以上感染を広げないという事の為に

出来る限りの予防策をとって行きたいと思います。



image