愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  専務ブログ > 調湿性抜群の内装材です。

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

専務取締役 鈴木 修のブログ

-blog-

調湿性抜群の内装材です。

2017.07.19

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは

きごころホームの

鈴木修です。

 

先日、お施主さんにご自宅の漆喰を塗っていただきました。

 

完成するとTVの背中側になる壁ですが

暑い中楽しく塗っていただきました。

IMG_3517

漆喰を塗っている左官職人さんを見ると

簡単そうに塗っていますが、意外に難しいですよ。

 

また、漆喰はカルクウォールというスイスの本漆喰です。

よくホームセンターとかで見かける添加材だらけの”石灰モルタル”

と違い大なアルプスの山々が育んだ天然成分100%の漆喰です。

 

Ph12.4の強アルカリ性がカビの発生を抑え、嫌な臭いの成分である有機物を分解します。

吸放湿性に優れ湿気をコントロールして過ごしやすい室内をつくります。

空気をキレイに、室内環境を快適にする安全で優れた素材です。

昨今の気密の高い住宅には相性抜群ですね。

 

また、水分の蒸発と大気中の二酸化酸素を吸収することで、

元の石灰(大理石と同じ炭酸カルシウム)に戻っていきます。

つまり元の石に戻るわけで、耐久性にも優れていますよ。

 

いっしょにご家族の記念にと

手形もつけて頂きました。

IMG_3534