愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  スタッフブログ > 北海道の住宅事情、ー20℃をしのぐ方法とは?

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

北海道の住宅事情、ー20℃をしのぐ方法とは?

2012.03.28

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県(江南市)の工務店きごころホームの専務 鈴木です。いつも読んで頂きありがとうございます。先日、北海道に住んでる妹が旦那の長期出張で、北海道の家を不在にするので、甥っ子、姪っ子を連れて、実家に遊びに帰ってきました。北海道と言っても広いのですが、美幌町という冬場はー20℃にもなる極寒の地域です。ここ愛知県ではあまり想像もつかない気温ですが、北海道の住宅事情はどうなってるのかと尋ねると・・・・窓は当然2重サッシで、引き違いの窓はほとんど ないそうです。おもに、滑り出し窓 (凍って窓が開かなくなる事の防止)・雪よけの為の2重トビラ・屋根は勾配がキツく雪が屋根につもらないように。・暖房は灯油ボイラーによるセントラルヒーティング (冬場の部屋の中では半袖で過ごせるそうです)実家は快適らしく、甥っ子、姪っ子とも大暴れでしたが、あまりの寒さに鼻水がでていました・・・ IMG_0043.jpg北海道の方が気温的には寒いのですが住宅事情が違うと、住まい方も違うんですね!