愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 進化しつづけるバスルーム

きごころブログ

-blog-

進化しつづけるバスルーム

2013.05.10

このエントリーをはてなブックマークに追加

浴室というと昔は、寒くて、すぐにカビが生えたり、狭かったり、滑ったりと問題点が多くありましたが、今のバスルームはこのような問題点を解決してくれるものがほとんどです。
壁のデッドスペースを少なくして内寸を広げたもの、床の水をたまりにくくする床表面、排水口を掃除しやすくするための凹凸や溜まった髪の毛を簡単に捨てられるキャッチャーなど工夫がされています。
カビが生えにくいようにするために暖房換気扇が設置され、これは冬場の寒暖の差を解消しヒートショック防止にもなります。
床材は濡れていてもすべりにくく、お年寄りやお子様も安心です。
また、浴室内のデザインも洗練されていてカウンターや壁面にはダウンライトが使用されていて寛ぎを与えてくれます。
シャワーや蛇口を握りバーではなくフラットなプッシュ式に、カウンターをなくしてすっきりみせるバスルームもあります。
豊富な種類のデザインや機能があるので迷ってしまうぐらいです。
ゆっくりとくつろげるバスルームにするためにバスルームもこだわって決めることをおすすめします。
名古屋市の注文住宅きごころホームでは施主さんの家への想いをかなえ、一緒に家づくりをしていきます。