愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 断熱性に優れたペアガラス・内窓

きごころブログ

-blog-

断熱性に優れたペアガラス・内窓

2013.02.14

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬、家の中は暖かいのに、窓の近くに行くと冷気を感じることはありませんか?
熱は高い温度から冷たい温度のほうに流れていきます。内から外に熱は逃げていきます。逆に夏は外から内に熱が入ってきます。家の中で一番熱の移動が多い場所は窓です。
壁や床からも熱は移動しますが、冬の暖房時の場合、窓は48%もの割合で熱が流出しています。
だからと言って窓が少ない住宅をというのではなく、断熱性に優れた窓で冬場の嫌な窓の結露、熱の流出・熱の流入を抑えて冷暖房費の節約をかなえましょう。

ペアガラスは2枚の板ガラスのあいだに乾燥した空気が入っています。乾燥した空気は熱を伝えにくく、それによって熱を遮断することができます。

さらに断熱・気密性を高めるのは内窓です。内窓は窓枠の上に窓を取り付けて窓を二重にします。二重窓や二重サッシとも言われています。また、窓を二重につけることによって防音や防犯効果もうまれます。

名古屋市の注文住宅きごころホームではお客様のご要望とプロからのアドバイスでお客様の理想の住宅を実現していきます。