愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  スタッフブログ > 新築取得時に利用できる「地域型住宅グリーン化事業」とは

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

ブログ

-blog-

新築取得時に利用できる「地域型住宅グリーン化事業」とは

2021.12.15

2021年度も、木造の新築を購入される方が対象となる「地域型住宅グリーン化事業」の実施が予想されます。今回は地域型住宅グリーン化事業について解説します。

地域型住宅グリーン化事業とは

地域型住宅グリーン化事業とは、地元の中小工務店に依頼して、木造住宅を新築する方、あるいは木造新築住宅を購入する方を対象に補助金を支給する制度です。1戸あたり最大140万円までが支給されます。

地域型住宅グリーン化事業の支給要件

地域型グリーン化事業の支給要件は、「住宅の主要構造部が木造であること」「認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、ゼロエネ住宅など、所定の性能を満たす住宅であること」「国の採択を受けた事業者グループにより供給される住宅であること」です。補助金額は長期優良住宅・認定低炭素住宅で最大110万円、ZEHで最大140万円までとなっています。

まとめ

新築取得時に地域型住宅グリーン化事業を利用する場合、国の採択を受けた事業者グループに属する地域の中小工務店等に依頼することがポイントとなります。補助実績のある工務店等はこちらのサイトで検索できますので、ぜひご参考になさってください。