愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  スタッフブログ > 無垢材フローリグの注意点と風合いを長持ちさせるコツ

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

ブログ

-blog-

無垢材フローリグの注意点と風合いを長持ちさせるコツ

2021.07.15

合板材フローリングにはない、天然木ならではの魅力がある無垢材フローリング。自然の素材であるからこそ、日頃のお手入れやメンテナンスが大切です。今回は無垢材フローリングの注意点と、風合いを長持ちさせるためのコツについてご紹介します。

無垢材フローリングの注意点

無垢材には室内の湿度を一定に保つ調湿作用がある一方、水分の吸収・放出を繰り返すことで木が膨張したり収縮したりします。そのため、目地に隙間ができる、曲がりや割れといった症状発生するなどのデメリットがあります。また、天然木を使用していることから、どうしてもキズが付きやすい点にも注意が必要です。

無垢材フローリングを長持ちさせるには

無垢材フローリングの日常のお手入れは乾拭きで行い、水をこぼした場合は乾いた布で速やかに拭き取りましょう。また、表面仕上げが無塗装やオイル塗装仕上げの場合、定期的なオイルメンテナンスが必要となります。

まとめ

無垢材フローリングの自然の風合いを長持ちさせるためにも、日頃のお手入れと定期的なメンテナンスに気を配りましょう。新築時に無垢材フローリングを採用する場合は、日常のお手入れやメンテナンスについて、施工業者に相談されることをおすすめします。