愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  スタッフブログ > 24時間換気システムでエアコンの効率を上げる方法

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

ブログ

-blog-

24時間換気システムでエアコンの効率を上げる方法

2020.10.15

24時間換気システムは寒い?

24時間換気システムは室内の空気を入れ替えるシステムですが、冬場になると室内の暖かい空気まで排出されてしまい、寒い思いをされる方も少なくありません。実際にお客様より「冬場は寒いので、24時間換気システムを止めてもいいか?」とお問い合わせをいただくこともありますが、気密性の高い現代の住宅で24時間換気システムを長時間止めると、シックハウス症候群のリスクが高まります。では、24時間換気システムを止めずに、冬場の寒さを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

 

第1種換気+全熱交換気で24時間換気システムのデメリットを解消

24時間換気システムには換気方式の違いで3種類に分けられ、うち最も換気の効率が高く、導入後の冷暖房の省エネにつながるのは、「第1種換気+全熱交換気」です。第1種換気は給気・排気ともに換気扇で行うため換気のコントロールがしやすく、全熱交換気と一緒に設置することで、換気によって失われる空調エネルギーの全熱(温度と湿度)を交換・回収することができます。

 

まとめ

第1種換気は導入コストこそ高いものの、新築を建てて数十年住み続けるという長い目で見ると、ランニングコストを節約しながら健康な家を実現できる「第1種換気+全熱交換気」がおすすめです。