愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  スタッフブログ

愛知県江南市の工務店。自然素材のナチュラルアンティークの家、北欧スタイルの家ならきごころホームにお任せください。楽しいイベントや見学会やお家の何でも相談会、住宅ローンの選び方など家づくりを学べるセミナー随時開催中。

ブログ

-blog-

床の断熱性能を高める2つの方法

2021.09.15

「夏涼しく、冬暖かい」快適な住まいづくりには、家の断熱性能を高めることが大切です。家の床を断熱すると、冷暖房効率が高まり、冬場でも足が冷えないというメリットが得られます。今回は床の断熱性能を高める2つの方法をご紹介します。

床の断熱化1「床断熱」

「床断熱」とは、室内からフローリングの直下に断熱材を施工する方法で、多くの住宅で採用されています。以下に紹介する基礎断熱よりもコストが安く、施工できる業者も多いです。ただし、床と断熱材の間に隙間ができると気密性が下がってしまうため、隙間ができないように施工する必要があります。

床の断熱化2「基礎断熱」

「基礎断熱」とは、室外から家の基礎部分に断熱材を施工する方法です。さらに細かく基礎の外側に断熱材を施工する方法、内側に施工する方法、外側・内側の両方に施工する方法に分けられます。床断熱よりコストはかかりますが、気密性が高まり、床下の結露の防止につながります。

まとめ

床の断熱性能を高める2つの工法についてご紹介しました。両者のメリット・デメリットを知った上で、実績の豊富な施工業者に相談しましょう。

高気密と高断熱の関係

2021.08.15

「高気密高断熱住宅」と言われるように、高気密と高断熱は切っても切れない関係があります。今回は、高気密と高断熱の関係について解説します。

気密性が高い家は断熱性も高い

断熱性の高い家は、外壁当地壁の間に断熱材を入れる、断熱性の高い二重窓を採用するなどして断熱性能を高めています。しかし、どれだけ断熱性能を高めたとしても、家が隙間だらけだと、外気が室内に侵入したり、室内の空気が外に逃げたりしてしまいます。このことから、家の断熱性を最大限に発揮するためには、気密性を高める必要があるのです。

高気密高断熱住宅のメリット

気密性と断熱性の高い「高気密高断熱住宅」にすることで、室内の温度を快適に保ちます。これにより、夏場の熱中症や冬場のヒートショックを防止して、「健康に過ごせる家」を実現します。また、外気の影響を受けにくくなることで、冷暖房効率も高まります。

まとめ

「高気密高断熱住宅を建てるにはお金がかかる」とお考えの方も少なくありませんが、建築後は光熱費などのランニングコストを抑え、熱中症やヒートショックといった病気も防ぐことができます。健康に過ごせる家を希望される方は、ぜひ高気密高断熱住宅を検討してみてはいかがでしょうか?

無垢材フローリグの注意点と風合いを長持ちさせるコツ

2021.07.15

合板材フローリングにはない、天然木ならではの魅力がある無垢材フローリング。自然の素材であるからこそ、日頃のお手入れやメンテナンスが大切です。今回は無垢材フローリングの注意点と、風合いを長持ちさせるためのコツについてご紹介します。

無垢材フローリングの注意点

無垢材には室内の湿度を一定に保つ調湿作用がある一方、水分の吸収・放出を繰り返すことで木が膨張したり収縮したりします。そのため、目地に隙間ができる、曲がりや割れといった症状発生するなどのデメリットがあります。また、天然木を使用していることから、どうしてもキズが付きやすい点にも注意が必要です。

無垢材フローリングを長持ちさせるには

無垢材フローリングの日常のお手入れは乾拭きで行い、水をこぼした場合は乾いた布で速やかに拭き取りましょう。また、表面仕上げが無塗装やオイル塗装仕上げの場合、定期的なオイルメンテナンスが必要となります。

まとめ

無垢材フローリングの自然の風合いを長持ちさせるためにも、日頃のお手入れと定期的なメンテナンスに気を配りましょう。新築時に無垢材フローリングを採用する場合は、日常のお手入れやメンテナンスについて、施工業者に相談されることをおすすめします。

ZEHビルダー・ZEHプランナーとは

2021.06.15

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を新築および購入するときには、ZEHビルダーあるいはZEHプランナーに登録した工務店やハウスメーカーが活躍します。今回はZEHビルダー・ZEHプランナーの概要や、建築を依頼するメリットについて解説します。

ZEHビルダー・ZEHプランナーとは

ZEHビルダー・ZEHプランナーとは、ZEHを建てることを経済産業省に認定された工務店やハウスメーカーを指します。ビルダー(建築者)かプランナー(設計者)かは、登録する事業者の業種によって異なります。ZEHビルダーは主に建設会社、ZEHプランナーは主に設計事務者が事業者登録しています。

ZEHビルダー・ZEHプランナーに建築を依頼するメリット

ZEHを建築または購入すると、さまざまな補助金が支給される場合がありますが、その支給条件の1つにZEHビルダーまたはプランナーに依頼して設計、建築することが求められます。ZEHビルダー・ZEHプランナーを利用すれば、手続きが面倒な補助金の申請も依頼することができます。

まとめ

ZEHビルダー・ZEHプランナーに依頼すれば、補助金の申請が可能になるだけでなく、申請の手続きまでもおまかせすることができます。新築の建設や購入を検討されている方は、ぜひZEHビルダー・ZEHプランナーへの依頼をご検討ください。

ZEHはヒートショックのリスクを低減する

2021.05.15

ヒートショックとは、急激な気温の変化によって血圧が激しく上下して、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすリスクのことです。冬の寒い浴室やトイレなどで、暖かい部屋との温度差が大きい場所で起こりやすくなっています。ヒートショックはZEH(ゼッチ)で対策しましょう!

ZEHは断熱でヒートショックを低減する

ZEHは断熱材や窓などの開口部の断熱性能を高めた住宅です。たとえば、住まいの中でもっとも熱が逃げやすい窓を複層ガラスにしたり、高断熱仕様の樹脂サッシに換えたりして温度を一定に保ちます。ZEHなら冬場でも建物全体の温度が適温に保たれるため、各部屋間の温度差も小さくなります。

高断熱の浴室でヒートショックを防ぐ

ヒートショックがもっとも起こりやすい場所が脱衣所や浴室です。高断熱のユニットバスで暖房の効いた部屋との温度差を小さくすると、ヒートショックを防止できます。

まとめ

ZEHは省エネだけでなく、ヒートショックを防止して「健康に過ごせる家」を実現します。新築をお考えの方は、ぜひZEHをご検討ください。

窓の断熱性能を高めるリフォーム

2021.04.15

窓の断熱が寒さ対策の基本

冬場にエアコンやストーブを使っているのに、なかなか部屋が暖まらないとお悩みではありませんか?実は、室内の暖かい空気の約50%が窓から逃げると言われています。窓は冷たい外気にさらされる場所で、室内の暖かい空気が冷やされるため、暖房をつけても部屋が暖かくならない原因となっています。つまり、窓の断熱性能を高めることが暖房効率を高め、光熱費の節約につながるのです。

 

窓の断熱性能を高めるリフォーム

窓の断熱リフォームは「二重窓の設置」と「ペアガラスへの交換」が主流です。【二重窓の設置】二重窓は既存の窓に内窓を設置するリフォームです。窓が二重になることで窓と窓の間に空気の層ができ、断熱効果を高めます。工事費用は1ヶ所あたり5~10万円です。【ペアガラスへの交換】ペアガラスはガラスを2枚セットにして内部に空気やガスの層を作り、断熱性能を高めた窓のことです。工事費用はガラスだけ交換の場合が5万円程度、フレームごと交換の場合が8万円程度かかります。

 

まとめ

窓の断熱性能を高めることは、光熱費節約や省エネはもちろん、健康な住まいづくりにもつながります。部屋が寒すぎる、エアコンの効きが悪いと感じるときは、窓のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

安全な住まいのための防犯リフォーム

2021.03.15

防犯の基本は窓ガラス

警視庁の統計によると、住宅の侵入・窃盗被害の約6割は窓からの侵入というデータがあります。住まいの防犯性能を高めるなら、まずは窓ガラスを防犯ガラスに交換しましょう。防犯ガラスは衝撃を吸収するフィルムが挟まれているので、ドライバーによるこじ破りやバールなどによる打ち破りに耐えることができます。設置費用は1枚あたり約3~5万円です。

 

玄関の防犯性能を強化

防犯性能がしっかりしていると思われがちな玄関も、空き巣犯などに狙われやすい箇所のひとつです。玄関にできる防犯対策には、防犯カメラや常夜灯、補助鍵の設置などが挙げられます。いずれもホームセンターなどで売られている製品を使ってDIYでの設置が可能です。

 

まとめ

防犯対策は空き巣犯などに「この家はしっかりと防犯対策をしている」と伝えることが重要です。ここに紹介した方法以外にも防犯対策になるリフォームはさまざまありますので、ハウスメーカーや工務店に相談してみましょう。

ZEH(ゼッチ)住宅を建てるメリット・デメリット

2021.02.15

ZEH(ゼッチ)とは

ZEHはZero Energy House(ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ」の3つの基準を満たした住宅のことです。消費エネルギーを抑える「断熱性能」と「省エネ性能」に加え、エネファームや太陽光電池で「創エネ」することで、エネルギー消費をプラス・マイナスゼロにすることができます。政府はエネルギー基本計画、地球温暖化対策の一環としてZEHの普及を推進しています。

 

ZEH(ゼッチ)のメリット

ZEH型の新築は断熱性・気密性を確保、省エネ機器の導入により、光熱費削減効果に期待できます。さらに、省エネと創エネといった環境に優しくエネルギー効率の高い住宅は、高い資産価値が認められています。

 

ZEH(ゼッチ)のデメリット

ZEH型の住宅を設置するには、通常の建築費用に加えて250~300万円ほどかかるため、初期費用が高くなってしまいます。国はZEH型の新築、リフォームを対象に1戸あたり70万円の補助金を交付していますので、上手く活用しましょう。

 

まとめ

ZEHは高い初期費用がネックとなりますが、今後数十年住み続ける住宅という観点で見れば、光熱費の節約や快適な生活が送れるといった大きなメリットが得られます。新築やリフォームをお考えの方は、ぜひZEHを検討してみてはいかがでしょうか?

省エネリフォームで受けられる「固定資産税の減税措置」とは

2021.01.15

固定資産税とは

固定資産税とは、土地や建物などの所有者に課税される地方税のことです。毎年4~6月に納税通知著が届くため、納付期限までに納税する必要があります。

 

固定資産税の減税措置

以下の要件に当てはまる省エネリフォームを行うと、固定資産税の減税措置が適用されます。

【住宅の要件】
・平成20年1月1日以前から建っている住宅
・居住部分が家屋の床面積の1/2以上

【工事の要件】
・窓の断熱改修工事(二重サッシ・複層ガラスなど)
・床・天井・壁のいずれかの断熱改修工事
・工事費用が50万円以上

減額割合は改修工事をした住宅の固定資産税額の3分の1です。固定資産税額は「固定資産税評価額(課税標準額)×標準税率(1.4%)」で算出されます。

 

まとめ

省エネリフォームとバリアフリー化を行った場合は、併用が可能です。減税措置を受けるには、改修工事完了後の3ヶ月以内に申告する必要があります。数十万円単位の減税効果があるため、忘れずに申告しましょう。

省エネリフォーム減税の「投資型」と「ローン型」とは

2020.12.15

省エネリフォーム減税とは

窓を二重サッシやペアガラスに差し替える、壁や床などの断熱材を設置するなど、住宅の省エネ性能が上がる「省エネリフォーム」。特定の条件を満たしていれば所得税の控除など、「税の優遇措置」を受けることができます。所定の工事を行った年度の確定申告で所定の手続きを行うと、「還付金」としてその年に収めた所得税の一部が減税されます。

 

投資型とローン型の違い

省エネリフォーム減税の控除額や適用期間は、ローンの利用有無に関わらず利用できる「投資型減税」と、住宅ローンを利用したときに利用できる「ローン型減税」に分けられます。
①投資型減税・・・控除額:工事費用の10%(上限250万円、太陽光発電設備の設置は350万円) 控除期間:リフォームして居住を開始した年から1年間
②ローン型減税・・・省エネリフォーム工事費用の年末ローン残高2%および省エネリフォーム以外の同1% 控除期間:リフォームして居住を開始した年から5年間
投資型は1年でまとめて還付を受ける、ローン型は5年間かけて還付を受けるイメージです。

 

まとめ

省エネリフォーム減税で優遇措置を受けるには、工事の翌年の3月15日までに確定申告を行う必要があります。確定申告がわからない場合は税務署などに相談しましょう。

無垢材のフローリングで失敗しないためには

2020.11.15

無垢材の特徴

住宅のフローリングには集積材が用いられるのが一般的ですが、自然のままの無垢材も根強く人気です。無垢材は大量生産品とは異なる暖かみや風合い、断熱性と省エネ効果があり、耐震性も高いという特徴があります。一方で、無垢材はコストが高いだけでなく、乾燥が不十分だと反りかえりやねじれが生じやすく、スギのような柔らかい素材は傷が付きやすいというデメリットにも注意が必要です。

 

無垢材の選び方のポイント

無垢材のフローリングの種類は針葉樹、広葉樹、国産、輸入品などさまざま。どの無垢材を選ぶかは以下に示す基準を参考にしましょう。【1.厚み】一般的な無垢フローリングは9mm、12mm、15mmです。新築なら15mm、合板からのリフォームなら12mmがおすすめです。【2.質感】一般的に針葉樹はあたたかみがあって柔らかく、広葉樹は重厚感があって丈夫です。【3.予算】針葉樹は成長が早いためコストが安く、広葉樹は成長が遅いためコストが高くなります。

 

まとめ

無垢材は独特な「見た目」に注目されがちですが、時間の経過とともに大きく変化します。新築やリフォームでは、見た目よりもフローリングの床として重要な「厚み」、無垢材ならではの「質感」が感じられることを重視して選びましょう。

24時間換気システムでエアコンの効率を上げる方法

2020.10.15

24時間換気システムは寒い?

24時間換気システムは室内の空気を入れ替えるシステムですが、冬場になると室内の暖かい空気まで排出されてしまい、寒い思いをされる方も少なくありません。実際にお客様より「冬場は寒いので、24時間換気システムを止めてもいいか?」とお問い合わせをいただくこともありますが、気密性の高い現代の住宅で24時間換気システムを長時間止めると、シックハウス症候群のリスクが高まります。では、24時間換気システムを止めずに、冬場の寒さを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

 

第1種換気+全熱交換気で24時間換気システムのデメリットを解消

24時間換気システムには換気方式の違いで3種類に分けられ、うち最も換気の効率が高く、導入後の冷暖房の省エネにつながるのは、「第1種換気+全熱交換気」です。第1種換気は給気・排気ともに換気扇で行うため換気のコントロールがしやすく、全熱交換気と一緒に設置することで、換気によって失われる空調エネルギーの全熱(温度と湿度)を交換・回収することができます。

 

まとめ

第1種換気は導入コストこそ高いものの、新築を建てて数十年住み続けるという長い目で見ると、ランニングコストを節約しながら健康な家を実現できる「第1種換気+全熱交換気」がおすすめです。

3種類の24時間換気システムのメリット・デメリット

2020.09.15

24時間換気システムは3種類に分けられる

4時間換気システムはシックハウス症候群対策として、2003年の改正建築基準法以降の新築に設置が義務付けられているシステムです。外気を取り込む「給気口」と空気を排出する「排気口」を建物に取り付け、換気をするシステムです。換気方式の違いにより以下の3種類に分けられます。

第1種換気・・・給気・排気の両方を換気扇で行う
第2種換気・・・給気は換気扇、排気は自然排出で行う
第3種換気・・・給気は自然給気、排気は換気扇で行う

 

24時間換気システム3種類のメリット・デメリット

●第1種換気
メリット:3種類のうち最も確実に換気を行うことができ、気密性の低い家でも安定して換気が行える
デメリット:他の換気方式よりもコストが高い

●第2種換気
メリット:導入コストが第1種と比べて安い
デメリット:住宅ではほとんど採用されない

●第3種換気
メリット:導入コストが第1種と比べて安い
デメリット:気密性の低い家ではしっかりと換気ができない場合がある

 

まとめ

一般の住宅で採用される24時間換気システムは「第1種」と「第3種」です。
わかりやすい違いは導入コストですが、住宅の気密性や周辺環境を考慮してベストな方式を選ぶようにしましょう。

24時間換気システムの仕組みと選び方

2020.08.15

24時間換気システムとは

24時間換気システムは、空気清浄機のような空気中のホコリやカビを取るだけでなく、屋外の新鮮な酸素を取り入れて二酸化炭素を外に出す役割を持っています。2003年の改正建築基準法では、シックハウス症候群対策としてすべての建物に24時間換気システムの設置が義務付けられています。

 

24時間換気システムの仕組み

24時間換気システムには大きく分けて以下の3つの換気方式があります。第1種換気・・・給気・排気を換気扇で行う。第2種換気・・・給気のみ換気扇、空気の排出は自然排気。第3種換気・・・給気は自然給気、排気は換気扇で行う。3つのうち、住宅で採用されているのは第1種換気と第3種換気です。24時間換気システムの第1種と第3種のどちらを採用するかは、専門家に相談して住宅の気密性や地域環境によって適したものを選びましょう。

 

まとめ

また、24時間換気システムの機能を十分に発揮するには、日頃のお手入れが重要です。数ヶ月に一度は給気口や排気口のフィルターが目詰まりしていないかチェックしましょう。

耐震工法の特徴とメリット・デメリット

2020.07.15

耐震工法とは

耐震工法とは、建物の壁に筋交いや構造用合板を入れるなど地震の揺れに耐える構造を指します。現在の日本の新築は、建築基準法の耐震基準に沿って、耐震等級1(震度6強から7程度の揺れに対しても倒壊や崩壊しない)以上を備えた耐震住宅です。

 

耐震工法のメリット

耐震工法は3種類の工法の中では数十万円ともっとも施工のコストが安いものの、激しい地震が起こったとしても建物を倒壊から守り、台風や強風などの揺れにも耐えることができます。現在の建築基準法では、すべての新築は耐震工法を備えているため、耐震工事の追加費用が不要です。

 

耐震工法のデメリット

耐震工法といえども、地震の揺れによる室内の家具などの転倒、損傷は免れません。金具を使って固定するなどの工夫が必要です。

 

まとめ

現在、政府の施策で耐震等級2以上の「長期優良住宅」が推進されています。住まいを長期優良住宅にした場合は税金の優遇措置や住宅ローン控除などが受けられますので、信頼できる業者に相談してみましょう。

「高気密」は失敗しない住宅選びのキーワード

2020.06.15

気密性能とは

高気密とは気密性能の高い家のことで、気密性能を簡単に言うと「家の隙間の小ささ」です。気密性能は「C値」という数値で表わされ、その計算式はC=隙間の面積(cm2)/家床面積(m2)です。丁度良い快適な家のC値は0.5~0.7程度とされています。

 

気密性の低い家がもたらすリスク

どれだけ断熱性能の高い家であっても隙間だらけでは、冬場に冷たい空気が室内に入り込み、温かい空気が室外に逃げてしまいます。暖房器具をフル稼働しても室内が一向に暖まらず、光熱費がかさむ一方です。

 

高気密の家のメリット

高気密の家を立てることで、暖かい空気を外に逃さず、冷たい空気の侵入を防ぎます。つまり、暖房効率(冷房効率)が上がって省エネにつながり、花粉やPM2.5などの侵入を防いで健康な家になるのです。

 

まとめ

家の隙間が極力ない気密性能の高い家を建てるには、高い施工精度を持つ職人の技術が必要です。新築を建てる際には断熱性能だけでなく気密性能にも着目し、現場で気密測定という検査を実施して確かな施工をしてくれる業者を選びましょう。

制震工法の特徴とメリット・デメリット

2020.05.15

制震工法とは

地震に対する建物の構造には「耐震」「免震」、そして「制震」があります。制震は「制震ダンパー」と呼ばれる、地震の揺れを吸収する装置を建物の内壁と外壁の間に入れることで、地震の揺れを熱エネルギーに転換して建物の倒壊を防ぎます。

 

制震工法のメリット

制震工法は家具など建物内部の損傷を抑え、繰り返しの揺れや台風・強風の揺れにも強いというメリットがあります。また、地震の揺れを軽減するため、地震後のメンテナンスも耐震工法・免震工法よりも手間がかかりません。コスト面では、免震工法よりもコストが安く、工期も比較的短くて済みます。

 

制震工法のデメリット

制震工法は構造上、地震の揺れが直接建物に伝わります。耐震工法よりも損傷は抑えられますが、家具の転倒を防ぐには金具を付けるなどの工夫が必要です。コスト面では耐震工法の住宅よりも高く、1軒あたり50~100万円がかかります。

 

まとめ

耐震・免震・制震とも地震の揺れに備えるシステムですが、いずれもメリット・デメリットがあります。大切な財産や家族を守るためにも、信頼できる業者に相談しましょう。

新耐震基準と旧耐震基準の違い

2020.04.15

耐震基準とは

「地震大国」とも言われる日本では、家族の暮らしや財産を守る家の地震対策は、住む人にとって避けては通れない課題です。実際に、「我が家は地震に強い家なのだろうか?」ということが気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、建物が有する耐震性能を表す「耐震基準」という目安があります。

耐震基準とは、建物が建築基準法で定められた最低限度の耐震性能を確保していることを保証し、建築を許可する基準です。

 

「新耐震基準」と「旧耐震基準」

耐震基準には大きく分けて「新耐震基準」と「旧耐震基準」があり、これから新築を購入する場合、住宅が新耐震基準をクリアしていることが条件となっています。

旧耐震基準は、1950年に制定された建築基準法から1981年の改正建築基準法までの古い耐震基準です。簡単に言うと「震度5程度の地震に耐える性能」が基準であり、それより大きな地震への耐震性は考慮されていません。

新耐震基準は、1981年6月の改正建築基準法からの基準です。旧基準が見直され、「震度6強~7程度の大地震でも倒壊しない」程度の耐震性が考慮されています。

さらに、2000年の建築基準法が改正され、地盤の特性に合わせた基礎の仕様の明記、事前の地盤調査を必須とするなど見直しがなされました。

 

まとめ

住宅の耐震性能に万が一問題があった場合は、ただちに専門家に相談して対策を講じなければなりません。1981年以前の建物の場合も耐震診断を行い、耐震診断を受け、適切な耐震改修工事を実施しましょう。