愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  耐震・制震住宅

耐震・制震住宅

-aseismatic and damping-

高耐震構造で地震にも強い

いつ起こってもおかしくない地震。
地震大国日本において、お家の地震対策は欠かせません。SW工法の家は、壁、床、天井が 強固な箱型を構成する、高耐震のモノコック構造。筋かいの入った一般的な住宅と比べ、 SW工法の住宅は壁面が一体となり地震で受ける力を分散するため、 大きな地震にもしっかり耐えます。

独自の「SWパネル」高耐震構造

構造用面材(OSB)に断熱材(発泡ポリウレタン)を組み込み、さらに気密性を高め、耐震性とともに気密・断熱性を発揮する高性能パネルです。

バランスのよい構造計画が、災害に強い住まいをつくります

SW工法では、木造軸組工法だけではカバーしきれなかった建物のねじれを改善し、高い安全性を確保します。木造軸組工法に独自の高性能SWパネルをプラスしたのがSW工法です。
外力が柱や筋交いに集中する木造軸組工法に対し、SW工法は外力を建物全体に分散してバランスをとるため、災害に強い強靭な住まいを実現します。
SWパネルやサッシの安全性はさまざまな耐久・耐風チェックで実証済みです。

壁強度の比較

一般住宅

柱や筋かいに大きな力が集中してかかる。

SW工法

壁面が一体となり、力が分散されるので地震に強い。

壁倍率、5倍パネル
床倍率の比較

SW工法では屋根パネル、小屋パネル、床パネルも一般的な木造軸組工法に比べ、高い床倍率が確保できます。これにより、プランの自由度を生かしながら、住宅性能表示「構造の安定」の最高等級取得が容易になります。

※床倍率には、大臣認定制度の仕組みがないため、性能評価機関の独自評価となります。 SW工法では、(財)日本住宅・木材技術センターにて床倍率試験を実施し、性能評価機関である(株)日本住宅保証検査機構(JIO)で評価される仕組みがあります。

地震や台風などの外力に強いモノコック構造

SW工法住宅は、壁面にSWパネル、床に28mm合板などを使用して強固な箱型を構成する高耐震のモノコック構造。台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

耐震性・耐久性にすぐれた鉄筋コンクリートベタ基礎

鉄筋コンクリートベタ基礎を構造用金物で補強し、さらに防湿シートを敷いて土台を腐らせる原因となる地面からの湿気をシャットアウト。SW工法は、土台そのものに高い耐震性を実現しました。

SWパネルは公的な防火試験に合格しています

SWパネルは「防火構造」と「準耐火構造」の大臣認定を取得しております。その優れた安全性から、防火制限地域においても必要に応じて建築規制に対応できます。