愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > 自宅解体!築40年の家の中身とは!?

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

自宅解体!築40年の家の中身とは!?

2014.01.08

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋 注文住宅 きごころホーム 社長の鈴木です。
いつも読んで頂きありがとうございます。

 

築40年の自宅の建て替えで解体工事が
はじまりました。

 

40年前の家の構造とはどうなってるのか?
工務店の私としては興味ありあり!

 

IMG_2329

これが解体前の実家の様子!

 

IMG_2331

解体工事はまず屋根から壊していきます。
職人さんが瓦を一枚一枚とっていきます。

よく見ると、瓦のしたは土、現在はあまりやらない
工法で、土葺工法といいます。

ねった土を屋根全面に塗り、瓦を上から押えて
定着させる方法なんですが、経年劣化で、
瓦がずれたり、していまうので、

 

現在は、屋根の下地に瓦を一枚一枚釘打ちする
乾式工法という工法で施工します。

IMG_2342

瓦の形通りに土が全面にあるので分かりますよね~