愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > マイホーム計画のこれまでの経緯

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

マイホーム計画のこれまでの経緯

2013.07.06

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームをつくるのにあたって、3年以上前から構想は
あったのですが、仕事の加減じょう、なかなか自分の家と
なると後回し、後回しとなり、全然前に進みません(T_T)

 

そうこうしているうちに、年だけとってしまうので、
忙しい間をぬって、気合をいれ、プランを作成し
積算をしたり、仕様を決めたり、ショールームに
いったりして、やっとプランが確定!

 

本来なら、お客様にはしっかり、仕様が決まったのちに
工事を始めていくのですが、自分の家は時間の関係上 割愛!(笑)

 

大体、決まった所で工事をスタートしました!

 

工事場所は、実家で、築40年の父親が建ててくれた
実家を解体して、2世帯住宅を建てる計画になってます

IMG_2329
この実家なんですが、私が生まれたばっかりの頃、今の家の前の家が
火災にあい、25歳だったサラリーマンだった父親が、かなり苦労して
建てた家だと聞いていました。

 

私の記憶ではこの家での成長写真しかありませんが、
父親の写真は25歳から以前の写真は、火災で消失して
見たことがないないです・・・(^_^;)

 

そんな数々の思い出が詰まった家を取り壊す事になった訳ですが
さすがに私も、生まれ育った実家なので寂しいです(T_T)

見た感じもまだ綺麗ですよね?

 

この実家で、祖父、祖母、父親、母親 兄弟3人の計7人で
小さい頃は住んでいました。

祖父、祖母が亡くなり、その後私達兄弟も成人し
実家を離れ暮らしていたので、5~6年ぐらい前からは
父親と母親の2人暮らし、父親も去年きごころホームの社長を
引退して、私がその後を継ぎ社長に就任

 

私の親も高齢になってきたので、老後の事だとか
やはり心配でしたが、私の家族が5人が今後住める
スペースがなく、リフォームして今後住んでいくよりは
建て替えて2世帯をつくる事になった訳です!

 

ただし、お互いのプライバシーは重要なので
完全分離型の2世帯(玄関別)で生まれ変わることになりました!