愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  社長ブログ > リフォームに失敗しない自己防衛策!ここだけは気をつけたいポイント

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

リフォームに失敗しない自己防衛策!ここだけは気をつけたいポイント

2009.10.30

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^ 
愛知県 江南市の小さな工務店
きごころホーム ハウスアドバイザーの鈴木篤志です^^

『リフォーム工事』を検討して
業者に見積もりを依頼すると、ほとんどの場合は断りにくくなってしまい
そのまま・契約~工事・となってしまう事ってありますよね?

あとで、友人・知人などで詳しい人に聞いて調べてみたら
「むちゃくちゃ高額な工事代金で失敗した・・・」

そこで・・・・

このブログを読いただいてるあなた様には、リフォーム工事で失敗してもらいたくない!
そんな想いで書きました!!

☆リフォームに失敗しない自己防衛策!ここだけは気をつけたいポイント☆

【 見積もり編 】

これまで工事を頂いたお客様からも良く聞くお話で
「 どこに見積もりを頼んだら良いのか解らない 」
と思っているお客様は意外と多いです。

今回は、リフォーム業者の立場から見た
『失敗しない見積もりの出し方』をまとめてみたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
○ どこに見積もりを依頼するか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~

身内にリフォーム業者さんや工務店の人などがいない
一般の方が、見積もりを依頼する方法として

1.友人・知人に業者を紹介してもらう。

2.新聞広告などのチラシを見て、その業者に依頼する。

3.飛び込みセールスに来た業者に依頼する。(電話セールスなど含む)

といった依頼方法が有ると思います。
それぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1. 友人・知人に業者を紹介してもらう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 メリット 】

・まったく知らない業者ではないので、手抜き工事や
 ボッタクリのような不当に高額な見積もり金額にはなりにくい。

・紹介という事もあり、安心感がある。

・業者側も、しつこく契約を迫ったりしない。

**********

紹介してもらった業者なので、安心して話を進められると思います。
業者の立場からも、紹介してくれた方の顔をつぶせないので
安くて良い工事を、特に心がけるようになります。

**********

【 デメリット 】

・紹介してもらったので、値段の交渉がやりにくい。

・一度見積もりを出したら断りにくい。

・見積もりから工事~となった場合、紹介なので
 施工の不満やトラブルが有っても言い出しにくい。

**********
このケースで、お客様からよく聞くお話として

「工事中に手直しして欲しい箇所が有ったけど言えなかった」

「思ったより雑な工事をする業者で満足な工事ができなかった」

「工事後に、施工不良が出たけど紹介してもらったので言えない」

などが上げられます。
友人・知人の紹介なので、施工が上手くない業者に当たった場合でも指摘しにくい。
クレームを言い出せないようです。
可能でしたら、過去の施工事例や評判などを聞いてみましょう。
**********

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2. 新聞広告などのチラシを見て、その業者に依頼する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 メリット 】

・広告には、工事金額が表示されている場合が多いので予算を立てやすい。

・新聞広告やTVコマーシャルを出している会社という安心感がある。

**********
一般の方は、リフォーム工事を業者に依頼したくても
「値段が解らない事」が多いので
広告に金額の提示がある場合、依頼しやすいようです。
**********

【 デメリット 】

・広告の表示金額と実際の工事金額が違う。

・当初の予定した工事の内容より増えてしまった。

**********
良くあるパターンは、広告の表示は最低金額の見積もりを出しておいて
付帯工事が色々付いて、広告の金額よりずいぶん高い工事金額になる場合が有ります

また、たとえば「水漏れ修理」を依頼したのに
なんだかんだと言われて、いつのまにか大きな工事になってしまったケースが有りま
す。

実際、お客様にお聞きした話では、トイレの水漏れで困って、業者に見積もり依頼し
たら
「トイレ本体も古くなってるので交換したほうがよい」
と言われて、本体ごと交換したお客様もいらっしゃいます。
:水漏れ程度の不具合でしたら、パッキンだけ交換すれば直るケースがほとんどです

**********

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3. 飛び込みセールスに来た業者に依頼する。(電話セールスなど含む)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 メリット 】

・あまり良い点は見当たらないのです。

・営業マンが熱心に通って来てくれたり、契約するまでは手紙などを
 ひんぱんにくれたり、といったことがあります。
 これは、情に訴えて断れなくしてしまう営業手法で
 契約が済むと、その営業マンは家に来なくなることが多いです。

【 デメリット 】

これはもう、書き始めるとキリが無いくらいにヒドイ裏話がたくさんあります。

・熱心に通ってくれた営業マンは、契約するとまったく顔を出さなくなる。
 
 コレはなぜか?というと、契約が決まれば
 営業マンは、次のお客様を探さないといけないので家に来なくなります。
 担当も変わるので話が伝わらなくなります。

・契約の時の話と実際の工事内容が違う。

・営業マンがやってくれると言ったサービス工事を、現場の人はやってくれない。
 または「聞いていないので別途お金が掛かる」と言われる。

・そもそも、工事の仕様が違う。
 契約の際はグレードの高い材料を見せておいて、実際の工事は安い材料を使う。

・工事見積もりが高すぎる。
 営業マンを何人も雇っていれば、人件費が余分にかかります。
 その分の経費は当然、お客様の工事代金に上乗せされます。

実際に、ここには書けないようなヒドイ話がたくさんあります。

まとめ:

****************************

見積もりを出す場合には、可能なら複数社の合い見積もりを
取ってみるのも良い方法だと思います。

実際の過去の工事実績が有れば、見せてもらいましょう。
(工事を行ったお客様と良好な関係なら見せてくれると思います。)

見積もりを取ったら、強引に契約を勧めてくるような会社は
注意したほうが良いです。

業者さん(担当営業マン)は、とにかく仕事が欲しいので
最初にお客様に提示する見積もりは、ワザと安
く出してくる場合が有ります。
(けっこう、そんな業者は多いです・・・)
そして、着工してから
あちこち悪い箇所を指摘して、追加で工事代金を上げてきます。
大きな工事だと、何十万円も追加で取られる場合があります。

お客様の防衛策としては
追加工事代金は掛からないのか?を担当の方に確認してください。
100%、追加工事代金を防げる訳では有りませんが、予防線は張れます。

今日はここまでです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
あなたのお役に立てれば幸いです