愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 自動掃除機が活躍する家

きごころブログ

-blog-

自動掃除機が活躍する家

2014.01.30

このエントリーをはてなブックマークに追加

新築には、掃除ロボットを置いていつでもキレイな状態を保ちたい!そんな希望が多いそうです。
「掃除をしなくていい」なんて憧れますね。ですが、自動掃除機が適さない間取りにしてしまってはせっかくのロボットも活躍できません。注意しておくと良いことを、家具購入の前にもぜひご参考に。
 
 
〇段差のないようにする
 
自動掃除機は段差が苦手です。誤って2階階段から落ちてしまわないように設定もできますが、段差を察知して避けるのが通常性能。玄関からリビング等、また脱衣所の手前など段差があるスタイルも多いですが、段差をなくせば掃除機ロボットが活躍します。
 
〇扉はドアより開き戸
 
掃除機ロボットは障害物を避けます。掃除機が動く日は部屋の扉をすべて開けておくのですが、いわゆる押して(引いて)開ける扉はその開閉の隙間の掃除ができません。開き戸でしたら隅々まで掃除ができます。
 
〇家具の高さは10センチ以上
机の下、ソファの下、ベッドの下、掃除しにくい所のホコリもキレイにとってくれる自動掃除機。その高さが約10センチです。要するに自動掃除機が下を通ることができるように10センチ以上の家具を選びましょう。ソファも、ベッドも、一つの選択肢として下が10センチ以上空いているものを、そしてダイニングテーブルなども脚が細いものが自動掃除機との相性が良いです。
 
〇ボリュームのあるカーペットは注意
ボリュームのあるカーペットは乗り上げる時に失敗することもあります。麻のような生地の薄いカーペットを選びましょう。カーペットの上での食べこぼしも、外出中にきれいになっていますよ。
 
〇床に物を置かない
物が床にあると、自動掃除機はその物にぶつかり、または身動きがとれなくなってしまいます。床に物を置かないために、例えばリビングテーブルには下にちょっとした収納があると便利ですね。新築を機に床に物を置かない生活を心がけて、ついでにホコリも自動掃除機にキレイに吸い取ってもらいましょう。
 
 
間取りのご相談などはお気軽に名古屋市のきごころホームまで。お待ちしています。