愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 生活用品は階段下収納へ

きごころブログ

-blog-

生活用品は階段下収納へ

2013.11.08

このエントリーをはてなブックマークに追加

リビングにも、玄関にも、そして2階にも、生活動線の真ん中にある階段。階段下は収納庫として最適の位置です。
様々な生活用品を収納しながらデットスペースを有効に使える階段下収納。
これがあることで普段何気ない動線が便利になります。
 
 
掃除用具の定位置に
意外にかさばる掃除機は、家の真ん中の階段下を定位置にすれば、どこで使うにも持ち運びに便利。
掃除用具は他にもクイックルワイバー、バケツ、雑巾、洗剤(ストック)なども。
収納部屋を家のどこかに配置するのも良いですが、こまごました物の収納は、小さなスペースのにコンパクトにまとめておくのも良いですね。
家族が毎日通る階段下は家族共用の収納スペースに最適なのです。
 
家族共用の生活用品
ティッシュペーパー、文房具(テープ類、電池、画鋲等)、爪切り、体温計、使う時のためにとっておきたい紙袋など、家族共用で使いたい細々とした物は意外とあるもの。引き出しを入れてわかりやすく整理しておきたいですね。
洗剤のストックの定位置もここに。
 
季節物の収納
扇風機、季節によって使い分けるカーペッット、夏物・冬物の家族の靴など、今は使わないけどまた使う物を収納。
開口が広いタイプでしたら、こたつや布団も収納しておけます。
 
 
階段のタイプによって、奥行がある場合、開口は広くても天井が低い場合など様々です。
奥行があり過ぎても使い勝手が悪くなりますので、思い切って壁を作ってしまうのも一つ。家の真ん中、家族の生活動線の中心となる階段下収納。使い勝手のよいものにしたいですね。新築住宅は収納をうまく取り入れることが、その後きれいな状態を保つカギです。注文住宅のご相談は名古屋市のきごころホームまで、お気軽にどうぞ。