愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 新築住宅で取り入れたい、玄関収納

きごころブログ

-blog-

新築住宅で取り入れたい、玄関収納

2013.09.06

このエントリーをはてなブックマークに追加

家に入るときに靴を脱ぐ風習がある日本。
靴を脱ぎ、スリッパに履き替えるのが帰宅した際のセット。という事は家族の人数分、2つの履物の収納が玄関に必要となります。
また、出かける際に持つ傘、帽子、季節ものの履物、冬場のコート、あったら便利なのが宅配業者が訪れた時に必要な認印など。
これだけの収納を叶えるために、まずご紹介するのがシューズインクローゼットです。
玄関と一続きで中に入ることができるので、必要なものはすぐに取り出すことができ、帰宅後の収納も楽々。
目に触れる玄関に物を置かなくて済むので、いつでもスッキリ片付いた玄関を保てます。
お子様が小さいご家庭にでは、ベニーカーを収納するのにも重宝しそうですね。

シューズインクローゼットまではいかなくても、ポピュラーな収納でスッキリ片付けたいという方はボックスタイプです。ボックスタイプでも、床から天井までの収納の「トールタイプ」、上に花などをを飾れる「カウンタータイプ」、床から少し浮かせて天井まで収納の「フロートタイプ」など、種類は様々。

全面が収納になるトールタイプは、その収納力が魅力ですが、カギや認印などを入れにくいという一面も。引き出しボックスで内部に収納を作る工夫で、使いやすくなります。また、全身鏡がついているタイプを選べば、スペースそのままに出かける際の最終チェックができる利点もあります。
カウンタータイプは収納量はトールタイプよりも減りますが、カウンター部分にインテリアを飾るなど演出を楽しめ、玄関で必要な小さなものを置いておくスペースにもなります。また、靴を脱ぐ時の手すりとして体の支えにもなります。
フロートタイプは、床から浮いた部分は普段使いの靴を収納するスペースとなるので、玄関をサッと片付けたい時に便利。玄関の床を広く使うことができます。

シューズインクローゼットを候補に挙げるか、または収納したい物や場面を考えてボックスタイプの中から選ぶか、新築の機会に玄関で収納したい物、あったら便利な物を考えてみるのも良いですね。

きごころホームのホームページ施工実績で豊富な玄関収納の例をご覧になれます。
間取りのご相談などはお気軽に、名古屋市のきごころホームへ。