愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 小窓のアクセント

きごころブログ

-blog-

小窓のアクセント

2013.08.23

このエントリーをはてなブックマークに追加

外から見て「素敵な家だな」と思う、そんな外観には小窓がうまく取り入れられています。
吹き抜けのペンダントライトが顔を出す小窓。囲われたベランダに軽さを出す小窓。キッチン、ダイニングなどに光を取り入れ、アクセントにもなる小窓。シンプルな外観では特に、こういった小窓があることで温かみやオリジナリティを感じられます。
あるとないとでは大違い。そんな小窓についてご紹介します。
吹き抜けの小窓を縦に長いものにすると、シャープなラインを演出します。逆に正方形にするとかわいらしさが出ます。3つ並び、4つ並び、見比べるとその印象の違いに驚くことでしょう。家づくりの楽しさは、こういったアクセントに工夫を凝らす時間ではないでしょうか。(もちろん、絶対必要な箇所の工夫も大事ですけれどね。)
夜は小窓から、ぼんやりと見えるペンダントライトの形が映り、こぼれる光からは家族のあたたかな時間を想像できます。窓のタイプや大きさを防犯性の高いものにすれば、外出時もオープンにできて風通しがはかれます。小さな窓は、昼間は心地の良い日当たりを作る光の入り口に。1階と2階をつなぐ吹抜けや階段部分に開口を設けることで、上下の空気の通り道になり、家全体の風通しにつながります。
光が差し込む中での朝食、家族の笑顔が揃う夕食。ダイニングの小窓は、家族が元気に暮らす姿を映しだします。キッチンの小窓にカフェカーテンを付ければカントリー風に。季節によって取り換えるのも楽しそうです。自分の部屋に出窓があるなんて、お子様も喜びそうです。
水平方向、垂直方向を考えた風通しや、日当たりのイメージ、小窓のアクセントで、暮らしを楽しみましょう。
ぜひ、名古屋市の注文住宅はきごころホームにご相談下さい。