愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 裸足がきもちいい無垢材の床

きごころブログ

-blog-

裸足がきもちいい無垢材の床

2015.06.26

このエントリーをはてなブックマークに追加

きごころホームではナチュラルアンティークの家を提案しています。


そして、ナチュラルアンティークに欠かせないのが、無垢材の床ですね!
無垢材の床は、ペタペタしたフローリングと違い、裸足で歩くのがとってもきもちがいいです。


きごころホームでは、豊かな表情を持つ、北欧産のパイン材を使用しています。
寒い土地で育った北欧産のパインには、素朴で木目に味があり無垢材の中でも一番あたたかみがあるといわれます。
家具やインテリアの先進国、北欧ならではなのでしょうか?


塗装には、リボス自然健康塗料を使用することで、アレルギーなどがおきにくいといわれ、お子さまにも優しい床になります。
赤ちゃんがはいはいしたり、子どもたちが裸足でかけまわったりと、にぎやかな声が聞こえてきそうですね!


さらに、無垢材の床なら、子どもたちがつけた傷や汚れも深みや味わいに変えてくれるので、家族の歴史をたくさん刻んでくれることになるでしょう…。


ナチュラルアンティークの家の資料請求はこちらから



名古屋市の注文住宅なら、スズケンコーポレイション きごころホームにお任せください。