愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 換気不足が原因!計画的な換気で家の劣化を防ごう

きごころブログ

-blog-

換気不足が原因!計画的な換気で家の劣化を防ごう

2015.03.20

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い日や、花粉が気になる季節、つい怠ってしまうのが「部屋の換気」。
分かってはいるけれど、つい…。という声が聞こえてきそうですね。
換気不足は、湿気を蓄えた空気を生む原因に。
ジメジメした湿気は暮らす私たちが不快なのと同時に、家もダメージを受けているのです。

 

換気不足が要因で、「湿気」と「ホコリ」が生み出されます。
「ホコリ」が付着すると、やがて「汚れ」に。

掃除機で取り除けるのは、すべてのホコリではありません。
常にホコリは宙に舞っていると考えましょう。

 

快適な「湿度」の目安は40~50%程度。
湿度のピークは7月の約75%といわれ、高い湿度がカビや結露の原因となります。

 

そして、この「湿気」と「ホコリ」には密接な関係が。
高い湿度はホコリを湿らせ、カビを発生させやすくしているのです。
また、結露は窓枠などの木材を腐らせる原因。
黒ずんで劣化してしまった部分を取り除くことは大変で、
元のキレイな状態に戻すのは不可能、なのです。

 

結露が原因で黒く汚れた窓枠、湿気を含んでペコペコになったフローリング、
クロスにできたシミ、これら全部、換気不足が引き金となった可能性も…!

 

大切に造る家です。
お気に入りの住まいで、ながく快適な暮らしを続けて頂きたいから、
お客様には換気システムにも注目してほしいと思います。

 

最新住宅で取り入れられているのは「24時間計画換気システム」
外からのホコリや花粉をフィルターで取り除き、クリーンな空気を室内に取り入れながら、快適な湿度を保ってくれます。
湿度が安定することで、カビは発生しにくくなり、
アレルギー原因を取り除いた快適な暮らしが続くのです。
ヒトにとって快適な湿度は、家そのものにとっても優しい環境なのです。

 

高気密・高断熱、そこに計画換気システムが加わり、
住まいの基本性能を大きく向上させたのが、SW工法。
快適な住まいで健康な暮らしを続けられるように、
きごころホームはSW工法を採用しています。

 

計画的な換気で家の劣化を防ぐことが、
のちのちの修繕費用の節約にもつながるでしょう。
家族が住まう家、家そのものの耐久性についても、新築時に考えてみませんか?

 

24時間計画換気システムについて、SW工法について知りたいという方、
お気軽にご相談ください。
愛知県名古屋市を中心に、一宮市、犬山市、江南市、稲沢市で注文住宅を建てるなら
きごころホームへ。