愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > サッシ選びの豆知識

きごころブログ

-blog-

サッシ選びの豆知識

2015.03.06

このエントリーをはてなブックマークに追加

窓は、サッシとガラスで構成されています。
「窓を選ぶ」ということは、「サッシを選ぶ」ことでもあるんですね。

ガラス部分を囲う枠のことを指す「サッシ」。
外観・内観に合わせたデザインはもちろん、注目したいのが断熱性や防音性。
今回は、主なサッシの種類と特徴をご紹介します。

 

◆複合サッシ

最近もっとも増えているのが複合サッシ。
2つの素材の特徴を併せ持ったお得なサッシです。
例えば、軽さと断熱性を併せたアルミと樹脂の複合サッシが
多く選ばれています。

◆アルミ

軽さと薄さ、強度が魅力のアルミサッシ。
しかし、熱伝導率が高く断熱性にやや欠けるので、アルミ単体のサッシは減少傾向です。
スッキリとしたフォルムが見た目の特徴。
コストの安さも魅力です。

◆ 樹脂 

塩化ビニールが主な材料の樹脂サッシは、優れた断熱性・防音性が特徴。
特に東北地方などの寒冷地で多く採用されています。
アルミよりも強度が弱いので、厚みのあるどっしりとしたフォルムに。
アルミと比べると価格はお高目です。

◆ 木 

ナチュラルデザインを目指すなら木のサッシ。
ウッドデッキと同じ質感の木を選べば、ワンランク上のオシャレな外観となります。
きちんとした塗装・施工がされているので、腐るという心配はないものの、
経年とともに変化するのが木。
それを「木の味」ととるかは、お客様次第のところがあります。

 

機能性が高まり、バリエーションも増え、
どれを選ぼうか迷んだら良いのか分からない…という方。
今から建てる家は、「省エネ住宅ポイント」制度の適用チャンス。
新築費用をお得にするなら、高い断熱性のあるサッシを選びましょう。
毎月の光熱費節約にも繋がります。

好みに合わせて、楽しく、そしてお得に♪
パーツ選びの一つをとっても、お客様にメリット、デメリットをお伝えできるよう勉強しています。
新築のご相談は、愛知県江南市のきごころホームまで。