愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 家族が集まる「帰る家」を。アパート暮らしからマイホーム生活へシフト

きごころブログ

-blog-

家族が集まる「帰る家」を。アパート暮らしからマイホーム生活へシフト

2015.01.30

このエントリーをはてなブックマークに追加

長年暮らしてきて、もちろん愛着もあるアパートでも、ふと「このまま住み続けて良いのかな…?」と頭によぎる。

そんな経験はありませんか?

今回のテーマは「家族が帰る家をつくる。」

「ただいま!」と扉を開ける家が、お気に入りの場所でいつでもこの場所にあるという贅沢があるだけで、

長く永く続く「家族時間」を幸せに演出してくれると思うのです。

 

日々の忙しさに追われて、なかなか腰を据えて考えるタイミングもないけれど、

「部屋が狭く感じるのは、子どもが大きくなったからかな…」
「子どもが独立した後は、2人暮らしにちょうど良い間取りに引っ越すのかな…」
「家族好みの間取りに変えられたらな…」

なんて考えが、ちらりちらりと見え隠れするのも現実。

 

「身の丈に合った」なんて言いますが、それが家族の幸せのカタチを表した

お気に入りの「マイホーム」なのです。

 

マイホーム購入の切っ掛けはさまざま。

「2人目の妊娠を切っ掛けに、部屋が狭くなるのを想像して…」
「子ども部屋を作ってあげたくて、子どもの小学校入学前に…」
「子ども3人が夫婦の夢。だから、決断も早めに思い切って!」
「似た境遇のご近所さんが決断したから、色々話を聞いて、ならウチも!と。」
「子どもに手が掛からなくなったところ。腰を据えて夫婦の終の住み処を実現に。」
「子どもの結婚を機に、おもてなし出来るキッチンやリビングを整備したくなって!」

 

「ただいま」とともに気持ちが和らぎ、「おかえり」で迎える家族時間。

「いつでも帰る場所は、ここにある。」そんな安心感が、家族の絆をさらに強くしてくれそうですね。

「何から始めたら良いの?」
「このタイミングでも大丈夫なの?」
「資金計画の話、腹を割って話してみたい!」

マイホーム購入を、実は密かに思い描いている方!

きごころホームが、理想の家族時間を演出するマイホームづくりをしっかりサポートさせて頂きます。

名古屋市を中心とした愛知県で注文住宅を建てるなら、きごころホームにご相談ください。