愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 疲れ目には木目を

きごころブログ

-blog-

疲れ目には木目を

2015.01.16

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族の健康を想うなら、自然素材である木材をふんだんに使った家を。
そんな聞き慣れた謳い文句じゃ、ちっとも心に響かないという目の肥えた皆様へ。

今回のテーマは「目」に優しい木の効果です。
「古くからある木造校舎で勉強する学生と、新しく建った鉄筋コンクリートの校舎で勉強する生徒、その近視眼率を比較したところ、木造校舎で勉強する生徒の方が低かった」
という報告もあります。
木材には表面に細かい凹凸があり、これによって散乱した光が反射を弱まらせるため、目に優しい光が生み出されると考えられています。

いやいや、鉄筋コンクリート校舎の生徒が、たまたま勤勉だったのでは?
確かに。
次に紹介するのは、きっと全員に納得いただる木目の癒し効果です。

小川のせせらぎ、波の音、星の瞬き。
この「不規則な」感じ方、見え方に、人は丁度良い安らぎを覚えるのだそう。
木目の年輪の間隔は「1/fゆらぎ」と呼ばれます。
等間隔ではなく、絶妙なズレがある。
小川のせせらぎ、波の音を聞いているかのような、星を眺めているような、
木目を目で察知することで、そんな癒しの効果が自然ともたらされるのです。
例えた3つのシチュエーションも「1/fゆらぎ」を持っていると言われています。

疲れ目には木目を。
木目の癒し効果を知った上で木の家の見学会に行くと、また新しい発見があるかも!?
ちょうど良いタイミングで、きごころホームでは完全予約制見学会を開催いたしますよ。
ぜひぜひ、ゆっくりとご覧くださいね!
2月22日(日)完全予約制見学会開催!詳しくはこちらから

家族にやさしい木の住宅を建てるなら、きごころホームにお任せください。