愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 小上がり和室 こんな使い方と楽しみ方

きごころブログ

-blog-

小上がり和室 こんな使い方と楽しみ方

2014.10.31

このエントリーをはてなブックマークに追加

小上がり和室がじわじわと人気を集めています。
和室、というよりも、リビングとの繋がりに設けられた「和スペース」といった印象です。
 
参考記事
粋な小上がり和スペース
小上がり和室の仕切りは
 
そんな小上がり和室をマイホームに取り入れた方が話す、実際に住んでいるからこそ、体感できる使い方、楽しみ方をご紹介します。
 
 
◆使い方1 ひな人形、五月人形の置き場所
 
フローリングよりも、和室がしっくり合いますね。
小上がりになっているから、そのまま床に置くよりも、上品に飾られた印象。
頂いたお人形を大事に鑑賞できます。
 
 
◆使い方2 自動掃除機が動く準備
 
日常のお掃除は、掃除ロボットにお任せ。
自動掃除機が活躍する間取りを目指して、段差のない家を建てたい方にも、小上がり和室は役立つのです。
掃除ロボットは、床にモノが置いていない、という前提で活躍します。
床に置いてあるモノを察知すると、その周りは避けて掃除をしてくれる賢い掃除ロボットなのです。
自動掃除機が動く前に、低位置に片づけ切れなかったモノの一時避難場所として、リビングの繋がりに設けた小上がり和室を活用。
隅々まで掃除をしてもらうために、小上がりに作った和室が意外な活躍を見せるのです。
 
 
◆楽しみ方1 四季の伝統行事に小上がり和室
 
お正月のお節料理やお雑煮、お汁粉や七草粥などの、古くから伝わる伝統の食習慣。
お祝い事のちらし寿司、すき焼きなど。
普段とは少し違う、を体感する場所として、小上がり和室を。
特別な印象が、後々お子さまの心に残る家族行事の一コマとなりそうです。
 
 
◆楽しみ方2 お子さまの学習発表会の練習
 
小上がりになった和室を、体育館のステージと見立てて、お子さまのセリフの練習場として使うのも楽しいですね。
段差があるぶん雰囲気が出て、リビングで練習するよりもソワソワ、緊張の練習もできそう。
そんなお子さまをリビングのソファで見守る観客役は、ぜひ、お父さん、お母さんで。
お子さまのセリフを全部覚えてしまっても、本番の楽しみは別。
家にいる時とはまた違う、たくましいお子さまの顔を見られそうですね。
 
 
家族の数だけ、楽しみ方がある。なんて言い方もされる、家のカタチ。
背伸びし過ぎず、妥協もせず。
そんな心地よい家づくりを、専門家の立場で、時には対等な目線で、お客様とともに進めていきたい。
愛知県で家を建てるお客様を、きごころホームはたくさんの視点から応援します!
ご相談はお気軽にどうぞ。
愛知県江南市のきごころホームは、名古屋市を中心としたお客様の「家づくり」の夢を叶えるために今日も全力です!