愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 片付けもお手伝いも楽々の対面式キッチン

きごころブログ

-blog-

片付けもお手伝いも楽々の対面式キッチン

2014.06.20

このエントリーをはてなブックマークに追加

「家事がはかどるキッチンにしたい!」
「パントリーに買いだめた食品を収納したい!」
などなど、ママ目線の希望はよく聞かれますが、今回はママを手伝う家族目線のキッチンのススメ。
キッチンで料理しているママだけ孤立しているような感覚、今のキッチンで思い当たりませんか?
食後はママだけリビングに背を向けて洗い物。みんなの輪の中に早く入りたいのに!
 
今のキッチンンの主流は「対面式」。
リビングやダイニングに対面する形で作業ができる開放的なキッチンスタイルのことを指します。
対面式キッチンの良いトコロは・・・
 
 
〇家族とのコミュニケーションが取りやすい
子どもたちへ目が届く、声が届くキッチンで、料理をしながら会話を楽しめます。
すみずみまで見渡せるので、ママも子どもたちも安心。
 
〇お手伝いがしやすい
「できあがった料理を並べて」
「食べたお皿はここに置いてね」
ダイニングとキッチンを繋ぐカウンターを活用すれば、お手伝いがしやすい。
ママだけじゃなく家族で食卓を作る雰囲気を作れます。
 
〇お客様が来たときにも、お茶などの支度をしながら対応できる
「お茶入れるから待ってて」
そのちょっとした待ち時間にも、早く話したい募る話を。
 
〇空間を広く見せる事が可能
キッチンとリビングの繋がりで、空間が広く感じられます。
 
〇キッチンが孤立しない
以上の良いトコロを統合すると、そう、キッチンで黙々作業をしていたママは家族との会話が増え、
またお手伝いがしやすい、家族を巻き込んだ対面キッチンが完成します。
最新の食洗機は鍋やフライパンも入る大容量タイプが増えています。しかも予洗いナシでOKなのです。
(汚れ具合によります。)
 
ママだけに台所仕事を任せるわけにはいきません。
この時期は、サッカーワールドカップ!!
みんなで協力して準備・片付けをして、ママも一緒に日本代表を応援しましょう!
 
愛知県名古屋市で、きごころを込めた家づくり。
お問合せはお気軽に、愛知県江南市のきごころホームまで。