愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  女子会ブログ > きごころホームの家【BZW②】

きごころホーム女子会のブログ

-blog-

きごころホームの家【BZW②】

2013.07.27

このエントリーをはてなブックマークに追加

■構造用ハイベストウッド■

『特長 vol.2』

 

 

構造用ハイベストウッドで、快適な住まいが得られます。

無題

 

「構造強度を高め、地震に強い住まいを」

0150_B0000004_0006

●土台・柱・横架材を構造用ハイベストウッドで一体化し、構造用合板などを利用し剛床とすることで、全体を1つの箱にし、壁全体で外力を受け止め、優れた耐震・耐風性能が得られます。

●構造用ハイベストウッドを張りつけた耐力壁は、水平力に対して面材のせん断力で抵抗します。

●面材工法は壁面全体で地震力・風圧力を受け止め、バランスよく分散し、軸組の接合部への力の集中を緩和します。

0150_B0000004_0007

[驚異的な耐震性能を実物大住宅モデルで実証!]

0150_B0000004_0008

●兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)・新潟県中越地震など日本で過去最大級の地震を再現した地震波で加振させ、衝撃を受けた場合の被害状況を検証しました。

●構造用ハイベストウッドを使用した実物大住宅モデルで、連続5回※の巨大地震波に対して倒壊しない強固な構造躯体であることが証明されました。(P&C-MJ SYSTEM)

※再現地震は、JMA神戸・JMA川口・BCJ波・JMA神戸110%・JMA神戸の5回実施。震度6強~7・マグニチュード6.8~7.3以上。

 

「通気工法の下地材として最適!住宅の耐久性を高めます」

●通気工法は、外装材との間に適切な通気層を設けることで、内部結露により壁内に生じた湿気をすみやかに屋外に排出させるものです。

●構造用ハイベストウッドは、他の面材と比較して透湿抵抗が低く、壁内の湿気をスムーズに排出し、住宅の耐久性を高めます。

*構造用ハイベストウッドは、必ず外壁通気工法の下地としてご使用ください*

0150_B0000004_0009

<構造用ハイベストウッドは透湿抵抗が低く、湿気を屋外に排出しやすい材料です。>

 

 

To be continued…

次回予告

きごころホームの家【BZW③】

■構造用ハイベストウッド■

『特長 vol.3』