愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  女子会ブログ > きごころホームの家【BZW①】

きごころホーム女子会のブログ

-blog-

きごころホームの家【BZW①】

2013.07.26

このエントリーをはてなブックマークに追加

■構造用ハイベストウッド■

『特長 vol.1』

 

 

構造用ハイベストウッドで、快適な住まい得られます。

無題

構造用ハイベストウッドは―――

●構造用ハイベストウッドは、壁倍率木造軸組工法2.5倍および4.0倍枠組壁工法3.0倍の大臣認定の構造用面材です。

●高耐水MDF(ミディマム デンプシティ ファイバーボード)です。

●製品には、JISマークとホルムアルデヒド放散等級が印刷されていますので、現場での検査など、確認が容易です。

(F☆☆☆☆等級)

0150_B0000004_0004

 

「構造用ハイベストウッドは、”長期優良住宅認定基準”項目に対応します。」

0150_B0000004_0005

❶劣化対策

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。(通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間がおよそ100年程度。)

▽▽▽▽

●外壁を通気工法として、下地である軸組などに規定の材料を用い、地面から1m以内の高さの部分に防腐および防蟻に有効な薬剤処理が行われている場合に「劣化対策等級3」となります。

●PATタイプ・エコベストは現場での薬剤処理が不要のため、下地材として最適です。※現場で防腐および防蟻処理を行うPタイプもあります。

 

❷耐震性

極めてまれに発生する地震に対し、継続使用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベル低減を図ること。

▽▽▽▽

●構造用ハイベストウッドは、壁倍率4.0倍と2.5倍(木造軸組工法)、壁倍率3.0倍(枠組壁工法)の認定製品です。さらに、耐力壁材として重要な面内せん断力は、構造用合板(9mm)の約2倍の値が得られています。

 

❸省エネルギー性

必要な断熱性能などの省エネルギー性能が確保されていること。

▽▽▽▽

●筋かいを省けるため、繊維系(グラスウール・ロックウール等)に限らず、発泡プラスティック系の施工性が改善し、断熱/気密性の向上に貢献。

●特にハイベストウッドは、気密性を高めながら、壁内に発生した湿気を屋外に排出し、構造躯体の耐久性に大きく貢献。

 

 

To be continued…

次回予告

【BZW②】

■構造用ハイベストウッド■

『特長 vol.2』