愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  専務ブログ > 高気密高断熱住宅の秘訣とは!

専務取締役 鈴木 修のブログ

-blog-

高気密高断熱住宅の秘訣とは!

2014.01.09

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、きごころホームの鈴木修です。

 

今日はとある現場で気密測定前の気密、断熱補修をしてきました。

と言ってもSWパネルで防げないところの隙間の穴埋めです。

 

DSC_0541

 

一見隙間なんて見当たりませんがさてどこが隙間なのでしょうか?

実はここです。

DSC_0542

梁が2段に積み上げられていますが

その間です。

ボルトで上の梁と下の梁を引っ張って固定するのですが

どうしてもできてしまうコピー用紙1枚の厚みにも満たない隙間

ここを気密テープで目張り!

外側からもしているのですが、内側からもボルト穴をウレタンで断熱補修!

 

さらに窓と下地木材の隙間もウレタンスプレーでシュー!っと

DSC_0540

 

さらには、梁と梁の連結部分にも

DSC_0544

 

気密テープ!

DSC_0545

隙間なんて無いんじゃないの?って思ったかもしれませんが

よーく見ると光が漏れてるんですよ。

 

高気密、高断熱って中途半端が一番ダメなんです。

やるなら徹底的にやって

計画的な換気を行わないと

内部結露してカビの発生原因になります。

 

目標C値0.5!

平屋で80坪あるお宅ですが

屋根が

外壁が

複雑に入り組んでいるお宅ですが

目標C値0.5!!

 

頑張る!

大工さんにも頑張ってもらう!

 

いけるでしょ!

気密測定が楽しみです。