愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  専務ブログ > 住宅の快適性を左右する気密測定を行いました。

専務取締役 鈴木 修のブログ

-blog-

住宅の快適性を左右する気密測定を行いました。

2014.02.26

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、きごころホームの鈴木修です。

 

昨日、S様邸の気密測定を実施しました。

 

気密性が高い住宅は天井面、床面の室内温度差がなくなったり

各部屋の温度差がなくなったりします。

 

省エネルギー効果もあり、少ない電力で部屋を暖めたり

冷やしたりできます。

 

気密性能を表す数値としてC値を使いますが

床面積1㎡あたりの天井、壁、床の隙間面積のことで

単位は㎠/㎡です。

 

”断熱性能をが高い家”

とよく聞くと思いますが、

断熱性能が高くても隙間の多い家は暖かくもなく、涼しくもありません。

 

気密性能が高くないと意味がありません。

扉を閉め忘れた冷蔵庫と同じです。

隙間から全て漏れてしまいます。

 

と前置きはこれぐらいにして

 

S様邸は平屋で約80坪、中庭があり

C値を計算するうえでかなり不利ですが

目標値は0.5以下!

 

測定器を設置して

DSC_0609

 

室内の空気を排出していき、

室内の気圧を下げます。

 

10、20PA…と下げていき

最終的に50PAでの流量を測定します。

 

そしてコンピューターがはじき出した結果は

DSC_0612

目標達成!

C値=0.45㎠/㎡

 

ちなみに、高気密高断熱をうたい文句にしている某メーカーさんの

基準は0.7だそうです。