愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  スタッフブログ > 江南市のGさま邸 リフォーム工事

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

江南市のGさま邸 リフォーム工事

2012.06.01

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県(江南市)の工務店

きごころホームの専務 鈴木です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

先日 20年以上お付き合いのある
お客様の家のリフォームをさせて
もらいました。

20年前は当然新築です。

流石に時間の流れと共に
良い味がでている個所が
あちらこちらに^^

特にフローリング、柱などは
無垢の素材でしたので
経年劣化で飴色に
正直かっこいいです!

しかしお客様からこんな質問が

「20年も経つと、強度が落ちてるじゃない?」

そこでこんな話を・・・

近年、千葉工業大学の小原二郎氏の研究では、
『ひのきは切られてから、
200~300年の間は強さが2~3割以上
上昇し、その後ゆっくり下降する。』と
いう結果がでたといいます。

新しい柱と1300年前に切った法隆寺のひのき柱とは、

ほぼ同じ強度となっているとの事です

人が生きているように、木も生きているんですね^^
その事を聞いたお施主さんは、びっくり! 

ぼくも、この話を聞いた時は
正直びっくりしました。

ですが、実験結果が証明しているのも
事実ですし、東大寺等有名な社寺仏閣
も1500年前から地震に耐え
存在しているのも事実・・・

ぜひ お施主様には
今後もリフォーム出来る所はしながら
この先の世代の方にも住み続けて
もらいたいものですね^^