愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  スタッフブログ > きごころホームが考える、お施主さまにとっての最高の自然素材の家

代表取締役 鈴木 篤志のブログ

-blog-

きごころホームが考える、お施主さまにとっての最高の自然素材の家

2012.04.19

このエントリーをはてなブックマークに追加
■完成現場見学会のおしらせ■


「お施主さまのこだわる究極の自然素材の家」


IMG_7119.jpg4月21日(土) 22日(日)丹羽郡扶桑町で「完成現場見学会」を開催します。詳細はこちら→http://suzuken-co.jp/event.html当日は混雑が予想させるでの、予約をおすすめします。予約はメールまたはお電話で。 メール:info@suzuken-co.jpお電話:0120-59-7899「見学会予約希望!」とお伝え下さい。今回のお家はお施主さまが、科学物質過敏症と花粉症を併発され、1月~5月まではまったく外にも出られない状況です。以前に住んでいた家を売却して、新しく家を建て直すという計画です。計画にあたって、まずは素材選びから仕上げ材も壁、床、窓(カーテン) 畳断熱材に至るまで、全ての素材につき10種類程度用意し、お施主さまに触っていただいたり、臭いを嗅いでいただいたりして、お施主さまが反応しない素材を選んでの施工となりました。壁の仕上げは、ビニールクロスはダメ、漆喰もダメ、和紙もダメ、珪藻土もダメ、ヘルスコキュア(墨)

もダメ、最終的に反応が出なかったのが、珪藻土クロス断熱材は、発泡吹き付けの断熱材はダメグラスウールダメ セルロースファイバーダメ反応のでなかったのは、パーフェクトバリア床の仕上げも無垢材(杉、檜等々20種類以上)その中で反応しなかったのが、サクラでした。カーテンもダメなので、部屋は全て襖和室と畳コーナーが6室もあるのですが、畳もい草がダメなので、和紙畳は反応なし!

お施主さまの、こだわりが随所に

見れられる仕様です。