愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > キッチンに本当に必要な収納

きごころブログ

-blog-

キッチンに本当に必要な収納

2013.07.19

このエントリーをはてなブックマークに追加

家の中で様々なところに必要となるのが収納スペースです。適材適所に収納スペースを確保しておくことは重要ですが、デッドスペースになったり、使いにくかったりする場所にもなりかねないのできちんと計画を立ててよく考えて収納スペースを作りたいものです。
今回はキッチンの収納についてです。
キッチンの主な収納場所は吊戸棚、シンク下、キャビネット、床下収納などあります。
食器や鍋など年々増加していくことを見越して余裕を持った収納が必要です。
キッチン収納のなかでも吊戸棚・床下収納は物を取り出すのにかがんだり、脚立が必要になったり普段の動きからすると少し面倒な姿勢にならないといけません。そういった収納スペースはデッドスペースになりやすいので一工夫必要となります。
吊戸棚をつける場合は引っ張りだしたり、自動の昇降式吊戸棚が便利です。
床下収納の場合も電動昇降タイプの床下収納庫がありますので、スイッチを押すだけです。
せっかくの収納スペースですので、忘れ去られた物を置くスペースにはせずしっかりと活用しましょう。
住まいの計画中いろいろと悩まれることがあると思いますが、名古屋市の注文住宅きごころホームはしっかりとお客様のご相談に乗ります。お気軽にお問い合わせください。