愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 家の熱中症対策

きごころブログ

-blog-

家の熱中症対策

2013.07.05

このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な夏が始まり、毎日暑い日が続いています。夜になっても家の中の温度は下がらず、冷房をつけないと寝れない環境の方も多くいらっしゃると思います。
新築住宅では家の断熱・遮熱対策をすることで冷房を使用する頻度も減り、快適な生活を送ることができるかもしれません。
熱が伝わってくる箇所は屋根、壁、地面からです。
屋根には遮熱塗料を塗り、赤外線の反射熱を向上させ、屋根の温度上昇を軽減します。また、玄関やテラスなどコンクリートのところも遮熱塗料が効果的です。
壁には断熱材が必要で、ないと外気の熱が入ってきたり、せっかく冷房をかけても室内から外に冷気が逃げていったりしてしまいます。屋根同様壁にも遮熱効果のある塗料を散布することもおすすめです。
地面がアスファルトになっていたりするとその照り返しによって部屋の温度が上昇する原因にもなるので、周辺の土地は緑化をしたり、道路がある場合は生垣がよいでしょう。
名古屋市の注文住宅きごころホームはお客様のご要望にお答えした家作りとしていきますのでお気軽にご相談ください。