愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > ベランダ・バルコニー活用術

きごころブログ

-blog-

ベランダ・バルコニー活用術

2013.06.14

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベランダとバルコニーの違いはご存知ですか?
ベランダは外に張り出した屋根が付いた場所、バルコニーは屋根がなく、ほとんどが下の階の屋根の上の部分にあります。

本来ベランダ・バルコニーとは欧米から伝わってきたもので、外にでて空を眺めたりロマンチックな家の一部としてありました。
しかし日本では洗濯物や布団を干す場所として使われています。
生活の一部でもあるベランダ・バルコニーをガーデニングや趣味、お茶を飲むスペースとして居心地の良い空間にして、ベランダ・バルコニーを活用しましょう。

ベランダやバルコニーでガーデンニングなど水やりをするとベランダ・バルコニーの耐久性に関わってくることが以前はありましたが、打ち水をすることで日差しによるバルコニー床面温度の上昇を抑え、低温な状態を維持できる床材があります。

ベランダ・バルコニーをすべて外から見えないものにしてしまうと防犯、採光の面で問題が出てくるので通風のよい、人の気配が見えるものにする必要もあります。

名古屋市の注文住宅きごころホームではお客様の夢のベランダ・バルコニー生活を実現するお手伝いをしますので、お気軽にご相談ください。