愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 【注文住宅の購入時は、利用できる制度は全て利用すること】

きごころブログ

-blog-

【注文住宅の購入時は、利用できる制度は全て利用すること】

2017.10.01

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらについては、注文住宅を依頼する際に、住宅メーカーから助言されることも多いかもしれませんが、日本では注文住宅を建てる時に利用することの出来る補助金制度が非常に多いです。

 

よくあるケースとしては、省エネ住宅や、環境に配慮した住宅を建てた場合に、金額に応じて国や都道府県が費用を負担してくれるという制度になっています。

 

また、地方で過疎化が進んでいる地域では、居住を推進するために、大規模な補助金を支給している地域も存在しています。

 

中には土地代と建物の費用を負担してくれて、20年~30年ほど住み続けることによって、費用を全額負担してくれるような制度がある地域もありますので、注文住宅を購入する際には、利用できる制度は全て利用するという心構えが大切です。

 

これらの制度というのは、国が提供している制度も多いですが、都道府県や自治体が独自に提供しているものも多いために、道が一本ズレるだけで利用できる制度が異なるというケースも多くなります。

 

そのため、費用のことを考えるのなら、どこに住宅を建てた方が、メリットが大きくなるのかということも念頭に置いて注文住宅を依頼するようにしたほうが良いでしょう。