愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > パネルドアで子ども部屋を間仕切り

きごころブログ

-blog-

パネルドアで子ども部屋を間仕切り

2014.05.30

このエントリーをはてなブックマークに追加

「子どもの成長に合わせた間取りにしたい!」よく聞かれるお客様のご希望。
子どもが大きくなったら部屋を仕切りたい。もっと先の、独立した後は広い一部屋として使いたい。
もちろん、お金をかけずに…。
 
自由度の高い間取りを作るのに、便利なのがパネルドアです。閉めれば独立した2部屋になるのでプライバシーも守られます。
アコーディオンタイプ、本当のドアに近い頑丈なタイプなど、種類・用途様々ななかから選ぶことができます。
少しでもお金をかけないようにと思ってした事が、後々、むしろこのほうが良かったよね、と思う時が来る。
それが理想ですよね。
 
プラレールを床面積いっぱいに作った時代から、部屋を仕切ってそれぞれ趣味に勉強に過ごす時代、またそこを過ぎたら、今度はお互いの夫婦、子どもが揃って布団を並べる賑やかな夜が来たりして。この一部屋で、たくさんの記憶が刻まれる。そんなお得な空間をできるだけお金をかけずに。パネルドアのご紹介でした。
 
もちろん資金面が気になる…。そんなお客様にもベストな提案ができるよう、今日も家づくりの目を肥やしています。
名古屋市で注文住宅を建てるなら、愛知県江南市のきごころホームまでお気軽にご相談下さい。