愛知県江南市、小牧市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > クローゼット収納であると便利なもの

きごころブログ

-blog-

クローゼット収納であると便利なもの

2014.05.09

このエントリーをはてなブックマークに追加

思い描いた新居にお引越し。大きなクローゼットなら夏物冬物も楽々収納。でも、収納の準備は出来ていますか?
ハンガーは作り付けでも、その他は事前に準備しておくとスムーズです。
夏物・冬物一度に運んで整理したい時はなおさら。
引っ越し当日までに、クローゼット収納を充実させるために用意しておくと良いものをまとめました。
 
 
〇ロングチェスト(中身がみえる引き出し)
 
これは定番ですね。クローゼットの幅を測って、何列置けるか事前にチェックしておきたいもの。ロングチェストと名前がついたものはクローゼットの奥行きの長さと合うと思って良いですが、念のため確認しておきましょう。ここに、その季節に着る普段着が収納されます。
 
 
〇整理ボックス
 
チェストから中身が見えてほしくないもの(下着、その他小物)は、チェストの中に入れた整理ボックスへ。麻などの軽い素材が多いです(店頭ではチェストと近い位置に並んでいます)。仕切りがついた物もあるので、ハンカチや靴下など、上手に整理してみては。
 
 
〇押入れケース
 
季節外の洋服を収納します。最近では、フタを閉めたままでもチェストのように手前から洋服を取り出せるタイプもありますね(カインズホーム「キャリコ」。取り出しやすい下段にロングチェスト、その隣に押入れケースを積むのが一般的。(使用頻度は低いですが、重いものは下段に。)
 
 
〇伸縮押入れ棚
 
ふとん収納のデットスペースを無くすために。棚の上に布団、できたスペースは新たな収納スペースに。(幅いっぱいがハンガースペースであれば不要)
 
 
定番アイテムばかりでしたが、収納・整理上手のクローゼットに近付くポイント!
収納スペースは上・中・下の3段に分別し、
上段:使用頻度が低い、または軽いもの(帽子、整理ボックスに入れた小物など)
中断:ハンガーにかけるシャツやジャケット
下段:使用頻度が高い、または重いもの(ロングチェスト、押入れケース、その上にバッグなど)
 
こんなルールを始めに作っておくと、欲しいものが見つけやすい使いやすいクローゼットとなるでしょう。
何事もちょっとした心掛けから。家づくりのきっかけのちょっとした気持ち、ぜひ私たちにお聞かせ下さい。
名古屋市で注文住宅を建てるなら、愛知県江南市のきごころホームまでお気軽にお問合わせ下さい。