愛知県江南市、小牧市、一宮市で注文住宅を建てるならきごころホームトップページ  >  きごころブログ > 階段のスペースを有効活用!見せる収納

きごころブログ

-blog-

階段のスペースを有効活用!見せる収納

2014.04.11

このエントリーをはてなブックマークに追加

1階のリビングと2階の寝室を行き来する時に通るのが、そう階段。
生活動線の真ん中にある階段は収納スペースを作っておくと、何かと便利なのです。
今回は階段の「見せる収納」技をご紹介します。
 
 
〇段に合わせて壁面収納
段に合わせたの作り付け収納を設置。同じ大きさで揃えて、階段を上がるごとに棚が一つ二つ減っていくイメージですね。お子様の手が届く位置には本を、高い位置にはお気に入りのインテリアを。階段に合わせた作り付けの家具は注文住宅でしか叶いません。オリジナルが光りますね。
 
〇階段下のデッドスペースを洋服かけに
正面から見たら階段、反対から見たらコートや帽子をかけられる収納。玄関やリビングに近い位置にある階段は、お出かけ前の衣類を収納する場所に最適。
 
〇手すりをマガジンラックに
例えば階段を上がった2階には、廊下と階段をわける手すりがあります。ここを有効活用。文庫本を立てて収納するのに丁度よい奥行があります。この奥行を使ってマガジンラックも作り付けできます。背の高い雑誌はマガジンラックに見せる収納。オシャレなカフェのような見せる収納に、たくさんの本。お友だちも長居をしたくなってしまうかも。
 
 
きごころホームは、「暮らしやすさ」を重視した家族にやさしい家を提案します。
収納のご相談も、愛知県江南市のきごころホームまでお気軽にどうぞ。